「白髪染めをしたくない!」私の薄毛と白髪対策!髪の毛のケアのために40代でやめたこと【体験談】

閉経前後から髪の悩みが増えると聞いたことがありました。そこで45歳ころから髪のケア方法を変えました。55歳の現在、白髪は少しありますが、まだ髪を染めていませんし、髪が薄くなったということもありません。私が薄毛と白髪対策におこなった方法を紹介します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

白髪は抜かず、白髪染めもしたくない!

父も母も白髪がありました。母は30代の後半ごろから白髪が少しずつ出ていたと思います。白髪を気にして時々抜いていたのを覚えています。その後、40歳後半ごろから美容院で白髪染めをしていました。最初は2カ月に1度程度でしたが徐々に回数が増えていました。

 

私の髪は子ども時代は明るめの色でしたが、なぜかだんだん黒くなりました。髪が黒いと白髪が1本でも目立ってしまいます。だからといって白髪を抜いていると、髪が薄くなってしまうかもしれません。母も髪が少なくなることを気にしていたので、私は白髪が生えてきても抜いて薄毛になるのも白髪染めもしたくないと思っていました。

 

基本的に私は自然主義者なので、化学調味料を使いませんし、冷凍食品やでき合いの惣菜も購入したことがありません。そんな私が頭に染料を使うなんて考えられなかったのです。

 

カモミールティーで軽く脱色

カモミールティー

 

私はヨーロッパに住んでいるのですが、ヨーロッパに住んでいると、さまざまな髪の色の人たちがいます。私の知り合いの女性はもともと髪の毛が真っ黒で、黒い髪が似合うとてもおしゃれな人。彼女は40歳の半ばで白髪を染め始め、50歳を間近に控えたころには2週間ごとに染めていました。反対に金髪に近い薄い髪の色の女性はほとんど染めていません。白髪があっても気にならないためです。

 

そこで私も髪の色を薄くしようと思いました。もちろんブリーチ剤などで脱色をしようなんて思ったわけではありません。実はそのころ中学生の娘がせっせとカモミールティーを髪にかけてツヤツヤの栗毛色になっていたので、それを実践してみました。

 

カモミールティーは主に胸がムカついたときによく飲んでいます。そのため出し殻が毎日出るので、その出し殻を少し沸騰させて抽出液を作ります。抽出液をトリートメントと同じように、洗い終わった髪全体になじませたあと、洗い流します。地色がとても黒いので娘ほど明らかに色が薄くなった感じではありませんでしたが、白髪がわずかに薄いカモミール色に染まりました。カモミールは脱色というよりも染色に近いようです。それで髪のツヤができて白髪も目立ちにくくなりました。

 

 

シャンプーとリンスをやめる

りんご酢

 

私はいつもロングヘアなので、シャンプーとトリートメントにはかなり気をつかっていました。しかし、シャンプーやトリートメントが髪をサラサラにしてくれるのは化学薬品やシリコンなどの化学物質だということを雑誌などで読んでシャンプーとトリートメントをやめ、シャンプーの代わりにせっけん(ナチュラルなもの)、リンスの代わりにりんご酢を使うことにしました。りんご酢にしたのは、同じようにシャンプー、リンスをやめた人がすすめていたから。酢のにおいが気にならないからだそうです。

 

私の髪はものすごく細くてもつれやすいため、ブラッシングの際にはブラッシングスプレーも必須。すべて使用することをやめて、髪が切れてしまうのではないかと心配でした。やはり最初はギシギシに。しかし、ブラッシングは問題ありませんでした。そして、半年ほど少しボサボサの髪を我慢し続けた結果、新しいケア方法でも髪がまとまるようになりました。

 

 最初はギシギシするので何度もやめようかなと思いました。それでも続けてよかったです。今では洗いっぱなしでちっとも気になりません。

 

まとめ

45歳ごろからこのような髪の手入れ方法を続けています。私は、髪は皮膚の一部であり体の一部ですから、健康であることが一番だと思っているので、できるだけナチュラルな方法でケアすること、食べ物もできるだけナチュラルなものにすることを心がけています。

 

おかげで髪の毛は多過ぎることが少々悩みなくらいにボリュームがあります。最初は白髪対策で始めましたが、薄毛対策にもなっているようです。メリットは髪のコンディションだけではありません。毎月購入していたヘアケア製品を買わなくなったのでかなり倹約ができています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/村澤綾香

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:くり子

36歳から41歳までに3人の子どもを出産。ヨーロッパ在住。45歳からは学生に。自分のしたいことをするためにケアが大切だと感じている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶