「自分の娘を信用できないなんて…」突然帰ってきた入院中の義父から託されたもの #虐待をしていた義両親との付き合い方 43

【虐待をしていた義両親との付き合い方 第43話】同じ敷地内に住む義父が大けがを負って入院。その矢先、家にいたはずの認知症の義母が行方不明に。すぐに見つかったものの、なんと入院中のはずの義父が突然家に帰ってきたときのお話。

 

義父の入院中、認知症の義母と2人で家にいると、突然義父が帰ってきて……。驚いたチャト子さんはすぐに病院に連絡。動じない義父は何やら荷物をあさり始め、一つのアタッシュケースをチャト子さんに託してきて……!?

 

この人は本当に…

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 43

 

入院しているはずの義父が突然に家に帰ってきて、驚いたチャト子さんは病院に戻るように説得します。でも、義父はすぐに病院へ戻るつもりだと言い、何やら荷物をあさり始め……。

 

すると、アタッシュケースをチャト子さんに託したいと言ってきた義父。中身は、キャッシュカードや通帳などを含む、義父の大切な財産でした。こんな大事なものを託してくれるからには、自分のことを信用してくれているのかと思いきや……。

 

義姉であるサナエさんを警戒しての行動であることを知ったチャト子さん。血のつながりはないにせよ、自分の子である娘を愛せない義父のことを疎ましく思ってしまいます。完治していない体で帰ってきた義父を心から心配し、義父を思って早く戻るよう強く説得していただけに、余計に複雑な心境になってしまったのかもしれませんね……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターチャト子

    2人の子どもを育てるアラフォー主婦。元フリーデザイナー・飲食店経営(火災に遭い休業)。リアルでは人に話せないような実体験などを漫画のネタにして昇華しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    7 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶