「え、お義母さんに…?」義母の肩を持つ夫と口論に。するとさらに衝撃の事実が発覚し… #害悪!過干渉義母 12

「害悪!過干渉義母」第12話。5年間の妊活を経て、やっと妊娠したミカさん。初めての妊娠はつわりにも苦しめられ、なかなか思うように動けない日々を過ごしていました。そんな日々の中、アポなしで突如訪れる義母の対応に悩まされるようになります。

つわりが落ち着いて自分で家事をできるようになったミカさん。しかし、義母の訪問は相変わらず続いていました。いつものようにミカさんの家を平然と訪れる義母。ある日そんな義母から「まだ使えるから」とある差し入れを手渡されます。

 

「とっておいてよかったわ」上機嫌で義母が差し出したのは…

「もう大丈夫」と伝えても相変わらずミカさんの家に押しかけてくる義母。ある日そんな義母から「まだ使えるから」とある差し入れを手渡され……

 

害悪!過干渉義母63

害悪!過干渉義母64

害悪!過干渉義母65

 

 

 

害悪!過干渉義母66

害悪!過干渉義母67

害悪!過干渉義母68

 

 

害悪!過干渉義母69

義母の止まらない訪問に困り果てていたミカさん。ある日義母が使ってほしいと鞄から取り出したものは、夫が赤ちゃんの頃に着ていたベビー服でした。どれも黄ばみやシミがついていて、ミカさんは衝撃を受けます。「絶対に着せたくない…」と思うミカさんをよそに、義母は夫が赤ちゃんだった頃の思い出に浸るのでした。

 

夫が帰ってきて、義母が汚れた服を持ってきたことをさっそく話すミカさん。夫は「どうせ子どもが着たら汚れるんだから」と耳を貸しません。それどころか「節約できるところはしてもらわないと困る」と、まるでミカさんが悪いかのような言い方をします。

 

夫の「節約してほしい」という発言に呆れたミカさんは、夫が行く飲み会の頻度を減らすことを提案します。しかし夫からは「関係ない」の一言。しかも、なんと義母からもらっているお小遣いだから問題ないと言いだしたのです!?これにはミカさんもびっくり。自分のお小遣いをやりくりしているならまだしも、義母に飲みに行くためのお小遣いをもらっているなんて少し甘え過ぎではないでしょうか…。ミカさんに少しでも節約しろと言うのであれば、まずは夫も義母からのお小遣いをもらわないようにしほしいですね。

作画:Nhitomi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶