「奇異の目にさらされるのがつらい…」転院当日に再び義父が事件を起こして… #虐待をしていた義両親との付き合い方 46

【虐待をしていた義両親との付き合い方 第46話】過去に血のつながらない娘に虐待をしていた義父と認知症を患う義母が暮らす敷地内に住むチャト子さん家族。大けがを負って入院後、転院が決まったことを機に再び義父が暴れ出してしまったときのお話。

 

義父が大けがを負って入院している間、認知症の疑いが出てきただけでなく、自力での生活が難しいという判断から義父の転院が決定。以前から転院の話を義父には伝えていたはずでしたが、転院の当日またもや事件が起きて……!?

 

再び大声で騒ぎ始め…

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 46

 

入院していた義父の転院が決まり、転院先の病院に向かうために介護タクシーを手配していたチャト子さん。入院中から転院の話を義父にしていたものの、家に帰れると思い込んでいた義父は激しく激高して抵抗します。多くの人が行き交う中での騒ぎに、連れ添うチャト子さんも奇異の視線にさらされることに……。

 

多くの人に迷惑をかけしてしまった申し訳なさと、突き放されてしまった悲しさ、そしてこれらの事態を招いた義父に対して負の感情が一気に押し寄せ、一刻も早くその場を立ち去りたくなるチャト子さん。義父の思惑どおり、自宅へ戻るほかなかったのでした。

 

これまでも何度も問題を起こしてきた義父に対し、時には感情を押し殺してでも家族を続けようとしてきたチャト子さん。高齢で介助が必要な義父たちとの今後の生活にも不安が募りますが、何より今回の騒ぎによって、チャト子さんが心に受けたダメージの影響が心配になってしまいますね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターチャト子

    2人の子どもを育てるアラフォー主婦。元フリーデザイナー・飲食店経営(火災に遭い休業)。リアルでは人に話せないような実体験などを漫画のネタにして昇華しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    7 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶