「まさか認知症に…?」記憶が抜け落ちる義父に不安を覚え… #虐待をしていた義両親との付き合い方 45

【虐待をしていた義両親との付き合い方 第45話】同じ敷地内に住む義父が大けがを負って入院。ひと悶着はあったもの、無事に病院へ舞い戻った義父。しかし、義父の様子から認知症の疑いを抱いたときのお話。

 

入院中にこっそり自宅に帰ってきたり、義姉を警戒して通帳などの財産を預けてきたりと、相変わらずな義父。入院してから1カ月以上が経ったある日、たまに記憶が抜け落ちる義父の異変に気づいて……!?

 

まさか義父まで認知症に…?

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

 虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

虐待をしていた義両親との付き合い方 45

 

1カ月半の入院生活後、自力での生活が難しいという判断から義父の転院が決まりました。しかし、伝えていたはずなのに忘れてしまったかのように怒り出す義父。それだけでなく、以前までは使えたはずの携帯電話も放置されるように……。しまいには、ベッドで持ち出してきた包丁を持っていたことで再び大騒ぎに発展してしまいます。

 

自分で包丁を持ち出してきたことすら忘れてしまった様子の義父を見て、「もしかして義父まで認知症になってしまった……?」という不安に駆られるチャト子さん。

 

医師に相談したところ、一時的な症状かもしれないと言われ、すっかり安心しきっていましたが……。結果的に、残念ながら義父の症状が回復することはなかったそうです。

 

義父の病状が心配ですが、認知症を患う義母だけでなく、義父までそんな状態になってしまっては、チャト子さん夫婦の生活にもより大きな影響が出てきそうですね……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターチャト子

    2人の子どもを育てるアラフォー主婦。元フリーデザイナー・飲食店経営(火災に遭い休業)。リアルでは人に話せないような実体験などを漫画のネタにして昇華しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    9 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶