「早く婚姻届けを出そう」入籍を急ぐ彼。両親に会ってからがいいと言うと彼は… #イイ男はモラハラ夫でした 13

「イイ男はモラハラ夫でした」第13話。モラハラ夫と15年の結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活とは……?

当時、プロポーズと同時にバツイチであることを彼から告白されたRINさん。彼の言動で引っかかるところもありましたが、両親は一目で気に入ってしまいました。

両親の後押しもあり、2人のお付き合いは順調に続きました。そしてある日、仕事がつらいと伝えた際に、彼から「仕事やめていいよ。結婚しよう」とプロポーズを受けました。感動したRINさんは彼との結婚を決意します。

彼が両親に会わせてくれないことは気がかりでしたが、「会う必要がない」の1点張り。


そして、RINさんは彼と一緒に、結婚の報告を両親にしました。RINさんが席を外した時に、お母さんはRINさんのどこが良かったのかと彼に聞きました。するとなんと、「下手な鉄砲も数うちゃ当たるんです」との答え。お母さんは怒りでワナワナ震えましたが、幸せそうな娘を前に、怒りを心の奥にそっとしまい込みました。

 

やがて「婚姻届け」を出しに行こうと彼が言い出して――!?

 

「婚姻届けを出しに行こう!」

RINさん13

 

RIN13#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

#イイ男はモラハラ夫でした 13

 

RINさんの両親への結婚報告を終えると、彼は、「早く結婚届を出しに行こう」と言い出しました。

 

RINさんは急な展開についていけず、両家の顔合わせや挙式をしっかり終わらせてからがいいのではないかと伝えました。

 

けれど、

 

「なに言ってんだよ!? 結婚届は式の前に出すもんだよ!!」

 

と彼。

 

さらに、親は関係ないこと、顔合わせや結婚式はいつでもできることを真剣なまなざしで言ってきました。これらがすべて出まかせだったとは、当時のRINさんは知る由もないのでした……。

 

◇  ◇  ◇

 

結婚式や婚姻届けの順番はカップルによってさまざまかと思いますが、もう少しRINさんの意見を聞き入れてもよい気がしてしまいますよね。さわやかな笑顔の彼ですが、強引さ、勝手さが垣間見えてしまった気がします……。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶