「愛想を尽かされるわよ」「女なんだから」義母が放った的外れな発言に妻は思わず… #害悪!過干渉義母 17

「害悪!過干渉義母」第17 話。5年間の妊活を経て、やっと妊娠したミカさん。初めての妊娠はつわりにも苦しめられ、なかなか思うように動けない日々を過ごしていました。そんな日々の中、アポなしで突如訪れる義母の対応に悩まされるようになります。

最近どうも夫のモラハラ発言が気になるミカさん。自分より義母を優先する態度から、いつの日か夫を許せなくなってしまいました。義母からも「子どものことばかりでなく、夫を支えるのも妻の役目」と言われ、ますます義母に対するいら立ちを募らせるミカさん。言い返すわけにもいかず、その場はグッと我慢することに……。
そしてついにミカさん夫婦に出産のときが訪れます!

夫の機嫌が悪いのはミカさんのせいだと諭す義母。母親である前に妻として夫を支える必要がある、夫に負担をかけるのは意味がない、と夫の肩を持ちながら得意気に語ります。

なんでお義母さんにそんなこと言われなきゃいけないの…!? 

害悪!過干渉義母87

 

害悪!過干渉義母88

 

害悪!過干渉義母89

 

 

 

害悪!過干渉義母90

 

害悪!過干渉義母91

 

害悪!過干渉義母92

 

 

 

害悪!過干渉義母93

仕事で疲れているのか、妊婦のミカさんを見下すような態度をとる夫。そんな夫の様子を見て、義母は「ミカちゃんが子どものことばかりになってるからじゃないの?」と夫をかばうような発言をします。それを聞いたミカさんが腹を立てるのも当然です。ミカさんの何を見て義母がそう思ったのかはわかりませんが、長い妊活期間を経て、やっとおなかに来てくれたわが子。ミカさんの気持ちを考えたら、そんなことは言えないはずです。

 

その後も夫の肩を持つ義母は、ミカさんが悪いということを前提にアドバイスらしき内容を語り掛けます。心配してくれるのはありがたいですが、夫婦間のことはあくまで夫婦間で相談すればいいもの。そこに先輩風を吹かせて義母が割り込んでくるのは、少し違うかもしれませんね。

 

そしていよいよ妊娠から10カ月。ミカさんは元気な男の子を出産しました。かわいいわが子を見て、夫もミカさんへの感謝の気持ちを素直に口にします。わが子の誕生の瞬間が想像以上に感動的だったのでしょうね。きっとそれはミカさんも同じだったはず。2人で同じときに、同じ気持ちを共有できるなんて、これほどうれしいことはないでしょう。「言葉が出てこないくらいうれしい」夫には今この時の気持ちを忘れずに、これから先ミカさんをサポートしていってほしいですね。

作画:Nhitomi

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターミカ

    初めての妊娠でのつわりや体調不良などで、思うように体を動かせないことに悩んでいたミカさん。そんなミカさんを見かねて、夫は義母に手伝いに来てもらうことを提案します。初めは理解のある義母の態度に安心していましたが、だんだんとミカさんの思わぬ方向に…。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    10 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶