「ママもできるようにならなきゃ」それでも絶対夫にやってほしい!その理由とは?

初めての育児は楽しいこともある一方、想像以上にハードなことも。そんな中、わが家では、私が強く訴えて、夫が子どもの爪切り担当になりました。

「ママもできるようにならなきゃ」それでも絶対夫にやってほしい!その理由とは?

 

子どもの爪切りを率先しておこなう夫

私たち夫婦にとって、待望の赤ちゃんが生まれました。母子ともに退院の許可がおり、退院した日。夫は、赤ちゃんの爪が伸びていることが前々から気になっていたようで、早速爪切りを使って、爪を切ってくれました。

 

夫の爪の切り方はとてもじょうずでした。生まれたばかりの子どもの爪はとても小さいですが、子どもの指を一本一本手に取り、やさしく爪を切ってくれる様子を見て、私は心が温まる気持ちがしました。

 

そして私は、夫が進んで爪を切ってくれたということがとてもうれしく、これからも夫婦一緒に育児をしていくことを期待したのです。

 

ショックだった夫のひと言

「これは、私が切るよりもじょうずかもしれない」

 

そう思った私は、夫が子どもの爪をすべて切り終わった後、次回も子どもの爪切りを夫に頼もうと思いました。ところが、爪を切り終わった夫のひと言に私はカチンときてしまいました。その言葉とは……

 

「お母さんも爪切りができるようにならなきゃね」

 

というものだったのです。

 

爪切りをお願いしたい理由とは…!?

私がこの言葉になぜカチンときたかというと、産後の私は24時間赤ちゃんにつきっきりで休みがなかったからです。

 

母乳育児で昼も夜も2〜3時間おきに授乳をし、赤ちゃんのおむつを変え、服を取り替え、赤ちゃんをあやすことは、想像していた以上に肉体的にも精神的にもハードでした。

 

それに対し夫は、平日は今まで通り仕事をし、週末少し育児を手伝うという程度。時間が少しでもあれば横になって休みたい私にとって、爪切りをしてもらう時間だけでも貴重でした。

 

そこで私は、夫に「じょうずにできているし、爪切りは今後あなたの仕事にしてほしい」と伝えました。すると、夫は初めきょとんとしていましたが、私があまりにも懇願し続けたからか、しぶしぶではありましたが了承してくれました。

 

 

この件以降、子どもの爪切りは、夫の役割になりました。爪切りが自分の仕事になった夫は、毎週末子どもの爪をかかさずチェックしています。今でも夫が丁寧に爪を切ってくれることに感謝しています。

 

著者/nanoka22

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶