肥満外来に通い、食欲を抑える薬を服用中!果たしてダイエットの結果は【体験談】

私は肥満外来に通っていて、漢方薬を処方してもらいダイエットをしています。加味逍遥散(かみしょうようさん)と、抑肝散(よくかんさん)に加えて、食欲を抑える薬でもあるリベルサスを処方してダイエットを実践中です。果たして、ダイエットの結果は……?

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

リベルサスを処方後でも体重が減らない

数カ月前から1カ月に1度の頻度で肥満外来に通っています。そして先月から、加味逍遙散と抑肝散の漢方薬2種類と、糖尿病にも効果があるといわれ、空腹感がなくなり無理なく痩せるという薬のリベルサス3mlを処方されました。毎日、朝晩の2回の漢方薬と、朝リベルサスを飲んでいます。初月に体重が1kg減りましたが、その後減っていません。

 

リベルサスは主治医のすすめでまずは3mlから飲んでみることにしたのですが、空腹感がなくなるはずなのに、子どもと一緒にアイスクリーム、おせんべいなどを食べるのがやめられません。

 

子育てでのストレス食べ、ご褒美食べなのでしょうか。デスクワークで集中した後はおやつ時間に糖分補給の習慣もあったりします。リベルサスを飲んだものの、1kg減った後は平行線。デスクワークの仕事柄、運動できるときと運動できないときの差も激しいです。

 

スープダイエットで食事制限中

ミネストローネ

 

ダイエットとして食事制限もしています。体重コントロールで取り入れているのは、スープダイエットです。医師からは野菜はたっぷり食べて良いと言われているので、ミネストローネ、鶏団子スープ、和風スープなど野菜を多めに入れて作っています。

 

その中ではミネストローネは家族みんなが大好きなので作りやすいメニューです。鶏団子スープや和風スープも、うどんやちゃんぽん麺を入れると子どもも食べられるので、ダイエット用に私だけの食事を作らなくていいのでラクです。

 

医師から炭水化物を控えるように言われているので、夜は食べても「ご飯茶碗半分」にしています。でも、運動量があまりない私は炭水化物抜きでも良いとさえ言われました。その点、スープなら、ご飯なしダイエットも簡単です。

 

しかし、体重が減らない様子を見て「ちゃんと食欲は落ちてる?」と医師は聞きました。その言葉に、私は「?」とうまく答えられませんでした。

 

 

リベルサスを飲むと気持ち悪くなる人も

口元を押さえる女性

 

リベルサスは糖尿病治療にも使われる薬なので、医師によると「食事をするだけで胸やけをしたり、気持ち悪くなる人もいる」のだとか。診察時に医師の隣にいた病院看護師がリベルサスを処方されて飲んでいて、その方は「気持ち悪くなって食事量が減った」と言っていました。

 

リベルサスの副作用は、気持ち悪さや吐き気、低血糖があるそうです。そのため、ふらついたら飴をなめるなどするように医師から言われたものの、そういったことがなかったので不思議でした。

 

私は、新米もラーメンも、果物だってアイスクリームだっておいしいです。ただ、唐揚げや天ぷらのような油分の多い食事については食べているうちに気持ち悪くなるため、これが薬の効果と思っていました。しかし、リベルサスを飲んでいる人はもっと効果があっていいようです。

 

結果、医師によると「効果が出にくい体質なのだろう」ということです。そのため、リベルサス3mlを7mlと2種類にすることで、ダイエット効果がどれだけあるかを見てみることにしました。

 

リベルサスを含めた肥満外来での治療は1カ月約1万程度となかなか高額ですが、自分への投資と考え、続けていきたいと思います。

 

まとめ

リベルサスを飲んで、体重の変化は微減だったため、量を増やして効果を観察。時々ではあるものの、おやつを食べてしまうのは自分自身の意識の問題もあるので反省しています。今後はスープや鍋など、炭水化物をとらない食生活にして、体重コントロールをしていこうと思っています。

 

1カ月後にまた体重チェックがあるため、食生活と薬療法で体重を減らしたいと思います。若いころは何もしなくても痩せていたものの、アラフォーは体重管理にも努力が必要だと実感しています。医師と二人三脚で頑張ります。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Kumiko3

夫と小学生2人の4人家族。Webライター。子育てしながらの仕事は想像以上に大変。アラサーよりも疲れやすく、美容院では肩凝りを指摘され、夕方にはエネルギー切れ。白髪も生えてきて、毎日イライラするのはもしかして更年期!?それでも身だしなみは整えて、目指せナチュラル若見えキラキラ美人!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶