「本当に常識がないな!」はぁ?突然、なんの断りもなく訪ねてきて親戚の目的にあ然… #毒義母トラブル 9

「毒義母とコロナ禍出産」第9話。世間では感染症が猛威を振るう中、待望の第一子を授かることができた美鈴さん。無事に出産を迎えるため、外食や外出を控えたり、家族以外の人とはなるべく会わないようにとできる限りの対策をしていました。しかし、そんな美鈴さんを困らせる唯一の存在が「義母」だったのです。

最悪の空気のまま終わってしまった、正月の義実家訪問。美鈴さんは「もう義母とも会うことはないだろう」と覚悟し、それからの日々を過ごしていました。そして、出産を間近に控えた臨月のある日。突然「スミコ」と名乗る人物が訪れ…。

正月の一件で義母との関係が一気に気まずくなってしまった美鈴さんは、今後はできるだけ義母に会わずにいよう…と決心しました。それから数カ月が経ち、いよいよ臨月を迎えた美鈴さんにある訪問者が現れます。

無事にわが子を迎えたいだけなのに…!徹底した感染予防は非常識!?  

毒義母とコロナ渦出産87

毒義母とコロナ渦出産88

毒義母とコロナ渦出産89

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産90

毒義母とコロナ渦出産91

毒義母とコロナ渦出産92

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産93

毒義母とコロナ渦出産94

毒義母とコロナ渦出産95

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産96

毒義母とコロナ渦出産97

毒義母とコロナ渦出産98

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産99

最悪の義実家訪問から数カ月、美鈴さんはついに臨月を迎えていました。まだかまだか、とソワソワしてしまう臨月。早く子どもに会いたい気持ちと初めての出産で不安な気持ちとが入り混じる時期ですよね。美鈴さんもおなかの赤ちゃんを愛でながらゆったりとした気持ちでその時を待ちます。

 

そんな美鈴さんのもとをある人物がを訪ねてきます。それは久々に会う義母の妹夫婦。しかも、叔母は玄関を開けるやいなや、あいさつもそこそこに勝手に美鈴さんのおなかを触り始めました。普段から感染予防を徹底している美鈴さんは、突然不躾におなかを触られたのが気になり「触るのはいいけど、せめて手を洗ってから…」とお願いします。叔母はすぐに手を放し「ごめんなさいね」と謝罪しますが、そばで話を聞いていた叔父は「せっかく会いに来た親戚に対してその言い方はなんだ!聞いていた通り本当に常識がないな」と美鈴さんを責めるような言い方をしてきました。

 

感染症が蔓延しているご時世では、手洗いをしてからコミュニケーションをとるのが当然ですが、言い方によっては人を傷つけてしまう可能性もあります。特にあまり親しくない間柄であればなおさらかもしれませんね。叔父が「せっかく心配してきたのに」と怒ってしまったのも、そんなちょっとして気持ちのすれ違いからだったのかもしれません。叔父の言うことが100%間違っているというわけではありませんが、少しだけ言い方に思いやりをもってほしかったですね。

 

あまりにも一方的な物言いの叔父に美鈴さんもキレる寸前!そもそも正月の一件を親戚に言いふらしていた義母にも怒りがこみ上げます。これまでのことも思い起こされ、さすがに怒りが収まらない美鈴さんは、とうとう義母や親戚との絶縁を決心します…!一筋縄ではいかないと思いますが、夫にも協力してもらい義母や親戚と少しでも早く距離をおくことが叶うといいですね。臨月の美鈴さんが安心して出産を迎えられることを願うばかりです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターAi

    2児の母でライブドアブログ公式ブロガー。Instagramやブログで過去の体験談やフォロワーさんのエピソードをマンガにして紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    96 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶