「え!?どうしたら…」待ちに待った立ち合い出産の瞬間を心待ちにしていた夫婦にまさかの… #毒義母トラブル 10

「毒義母とコロナ禍出産」第10話。世間では感染症が猛威を振るう中、待望の第一子を授かることができた美鈴さん。無事に出産を迎えるため、外食や外出を控えたり、家族以外の人とはなるべく会わないようにとできる限りの対策をしていました。しかし、そんな美鈴さんを困らせる唯一の存在が「義母」だったのです。

無神経な叔父・叔母の突然の訪問に、心身ともにかなりのダメージを受けた美鈴さん。義母や義母の親戚とはできれば今後は関わり合いになりたくないと改めて感じていました。それから数日経ったある日。夫と何気ない会話をしながらふと立ち上がった瞬間、美鈴さんに突然のハプニングが起こります…!!

無神経で強引な義理の親族と距離を置くことを決めた美鈴さん。そして、待ちに待ったその日は突然訪れました…!

え…まさか…!?夫とともに急いで病院に向かうも…

毒義母とコロナ渦出産100

毒義母とコロナ渦出産101

毒義母とコロナ渦出産102

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産103

毒義母とコロナ渦出産104

毒義母とコロナ渦出産105

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産106

毒義母とコロナ渦出産107

毒義母とコロナ渦出産108

 

 

 

毒義母とコロナ渦出産109

まだまだ生まれる気配がないと思っていても、「その時」は急に訪れるもの。美鈴さんのもとへ「その時」がきたのも、ある日突然でした。椅子から立ち上がった瞬間、「じわっ…」と生暖かい感触を感じた美鈴さん。もしかして…と思い、急いで夫に病院へ電話するように告げます。

 

ふたりは車に乗り込み急いで病院に向かいますが、突然の出来事にバタバタと大慌て。そんなところへ義母からの着信が鳴り響きます。どうやら今かかってきただけでなく、ずっと着信が入り続けている様子。何事かと気になった美鈴さんですが、「あとでかけ直す」という夫に、一旦は着信のことを後回しにすることに。

 

いざ病院に着くと、さっそくふたりで診察室へ!美鈴さんは「高位破水」の診断を受けます。ただし今すぐ生まれる状況ではないようで、入院は決定したものの、立ち合いのタイミングまで夫は一旦帰宅することになりました。そしてふたりは「また後で」と気楽に別れます。いよいよ出産が目前となり、わが子に会えるまであとちょっと!ふたりともドキドキソワソワ、楽しみで仕方がなかったのではないでしょうか!

 

しかし、このあとに何かとんでもない事実が発覚してしまったそう…。もしかして先ほどの義母の着信も何か関係があったのでしょうか…?ようやくあと少しでわが子に会えるというところまできたタイミング。あと少し、せめて無事に出産を終えるまでは美鈴さんの身に何事も起きないことを願うばかりです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターAi

    2児の母でライブドアブログ公式ブロガー。Instagramやブログで過去の体験談やフォロワーさんのエピソードをマンガにして紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    97 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶