「おーいきたぞー!!」夫の実家に到着。目にした光景に妻、絶句の理由とは…!? #イイ男はモラハラ夫でした 16

「イイ男はモラハラ夫でした」第16話。モラハラ夫と15年の結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活とは……?

当時、プロポーズと同時にバツイチであることを彼から告白されたRINさん。戸惑いはありましたが、彼を気に入った両親の後押しもあり、2人のお付き合いは順調に続き、やがて入籍します。

彼は「両親には会わなくていい」の1点張りだったため、彼の両親に一度も会わないまま、結婚生活が始まりました。すると、夫となった彼は、RINさんをバカにしたり、優位に立とうとしたりするように。

結婚式や指輪への夢をふくらませていたRINさんに、夫は「RINのためのイベントだから好きにしたらいいよ」とささやきます。このときRINさんは、夫の変化が気になりつつも、ワクワクする気持ちが勝っていました。

ある日、ようやく夫は両親にRINさんを紹介すると言い出しました。ドキドキしながらRINさんは夫と一緒に実家を訪問しました。

 

するとRINさんはそこで衝撃的な光景を目にすることになって――!?

衝撃を受けたモラハラ夫の実家

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

#イイ男はモラハラ夫でした 16

 

結婚したとたん、有休をとった夫。有休が終わるというのに起きません。すると、「今日も有休をとる」と夫。

 

新婚旅行や結婚式用に有休をとっておいた方が良いのではないかとRINさんは言いましたが、「大丈夫」と言って、RINさんを抱きしめました。

 

「もう少しRINとこうしていたいんだよ」

 

若き日のRINさん。イケメン夫に甘い言葉をささやかれ、不安はかき消されてしまいました。

 

そして数日後、ようやく夫は、ずっと会わせてくれなかった両親にRINさんを紹介すると言いました。手土産を持参し、ドキドキするRINさん。

 

夫の実家に到着しました。それは古い一軒家でした。そして1歩、家の中に入ると、RINさんは衝撃を受けることに……。

 

なんと、家の中はダンボールの山に、ひどいわたぼこり! 思わずゴホゴホと咳き込むほどでした。

 

「コレうちの母親」

 

そう言って、夫がお義母さんを紹介してくれました……。

 

◇  ◇  ◇

 

ご実家はどうやら物が散乱していて、掃除もされていないようです。まだご両親には会っていないRINさんですが、この時点でかなりの衝撃だったのではないでしょうか。ご両親と会うのもドキドキしてしまいますね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶