「常に目で追いかけてしまう…」学校が楽しくない。唯一の友だちに、誘いを断られた少年は… #小学生トラブル【君が好き】5

「君が好き」第5話。友だちの輪になかなか馴染めずにいた、小学生のレクト。放課後の公園でレクトに声をかけ、一緒に遊ぶようになった、同じ学校のソウ。唯一、レクトをグループに入れてくれたソウは、レクトにとってとても大きな存在になっていました。元々違うクラスだった2人は、3年生になる新学期から同じクラスに。「学校も放課後も、ソウと一緒に遊べる!」と喜んでいた、レクトですが……。

「同じクラスになれたぞ!」レクトは意気揚々と、ソウに話しかけますが、ソウは呆気ない反応。すぐに他の友だちに呼ばれ、レクトの元から去ってしまいました。

 

ソウの周りには常に人がいて、ソウにとってレクトはその中の1人に過ぎないよう。しかし、レクトにとってソウは唯一の友だち。期待していた新学期とは、程遠かったレクトですが……。

 

「やっと声をかけてくれた!」しかし…

君が好き5

 

君が好き5

 

君が好き5

 

君が好き5

 

 

君が好き5

 

君が好き5

 

 

君が好き5

 

君が好き5

 

 

君が好き5

 

家も学校もつまらないと感じていたレクトは、ソウと同じクラスになれば、楽しい学校生活が送れると思っていました。

 

しかし、現実はソウの姿を目で追いかける日々。

 

「楽しくなるはずだったのに……。むしろモヤモヤする……」

 

やり場のない感情を抱き、ぼんやりしているレクト。そこに、やっとソウが話しかけてくれました。

 

「レクトどうした? 体調でも悪いか?」

 

突然のことに驚くレクト。

 

「大丈夫! 眠いだけ!!」

「それより、今日も公園行くだろ? 今日はドロケイしない?」

 

ソウが話しかけてくれたうれしさを抑え、ソウを遊びに誘うレクト。せっかくソウと同じクラスになったのに、学校では相変わらずひとりぼっちの日々。「放課後の公園さえ楽しければ」という気持ちで、ソウを遊びに誘いました。

 

「ごめん、もう公園には行かないんだ」

 

しかしソウは、思いもよらぬ言葉で返すのでした。

 

 

期待していた学校生活とはいかなかったレクト。ソウはレクトを気遣う様子もあり、悪気はまったくありません。“ソウは唯一の友だち”というレクトの気持ちが大きすぎて、ソウの言動に一喜一憂。真っ直ぐなレクトの気持ちを思うと、胸が痛みますね。

幼い子どもたちにとって、学校や友だちとの関わりは世界のすべてのように感じてしまうもの……。誰かを「唯一の友だち!」と思い込まずに、いろいろな子と交流を持てるといいのですが、まだ成長途中の子どもたちが過ごす小さな世界の中では、人間関係がより複雑なのかもしれませんね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    29 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶