「遊べないなんて許さない」期待通りにいかなかった少年。表情を曇らせ、呟いた言葉は… #小学生トラブル【君が好き】6

「君が好き」第6話。友だちの輪になかなか馴染めずにいた、小学生のレクト。放課後の公園でレクトに声をかけ、一緒に遊ぶようになった、同じ学校のソウ。唯一、レクトをグループに入れてくれたソウは、レクトにとってとても大きな存在になっていました。3年生から同じクラスになった2人。「学校でもソウと一緒に遊べる!」と喜んでいたレクトですが、実際、友だちの多いソウとはしゃべる機会すらほとんどない日々でした。

レクトにとってソウは唯一の友だちでも、ソウにとってはたくさんいる友だちの1人にすぎないよう。「学校が楽しくなるはずだったのに……」。レクトがモヤモヤしていると、ソウが「どうした? 体調でも悪いか?」と声をかけてくれました。

 

レクトは飛び上がるほどのうれしさを抑え、“放課後の公園だけでも一緒に遊べれば”という思いで、ソウを遊びに誘いました。しかし、ソウはレクトの誘いを断ります。「ごめん、もう公園に行かないんだ」ソウの言葉を聞いたレクトは……。

 

「こんなの許さない」遊びを断られた少年が…

君が好き6

 

君が好き6

 

君が好き6

 

君が好き6

 

君が好き6

 

 

君が好き6

 

君が好き6

 

君が好き6

 

 

君が好き6

 

「放課後はもう公園に行かない」と言いうソウに、詰め寄るレクト。

 

「なんで!?」

 

「放課後は習い事をすることになったんだ」

 

「な、な、習い事!?」

 

レクトにとっては大事件です。

 

「もう学校も放課後の公園もつまらないじゃないか!!」

 

レクトにとって唯一の友だち、ソウ。「学校でソウと一緒にいられなくても、放課後の公園さえ楽しければ……」そんな気持ちも、一瞬で裏切られてしまいました。

 

「許さない、許さない。こんなの許さない」

「ひどいひどいひどいひどいひどい……」

 

レクトは負の感情に包まれ、ひとり言葉を吐き出すのでした。

 

 

習い事を始めて、放課後に遊べなくなった友だち。一見、よくあることのように思いますが、レクトにとってはとても大きな出来事した。一方的にソウに期待を寄せてしまい、状況が変わったことで“裏切られた”と感じてしまったレクト。「ソウだけが唯一の友だち」と決めつけず、「他に遊べる友だちを探そう」など、前向きに考えられるといいですよね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター愛すべき宇宙人

    中学生の長女、小学生の長男、アラフォー夫婦の4人家族です!日常のクスッとした笑いやホロリと涙するエピソードをInstagram(@aisubekiutyu_jin)からお届けしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    29 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶