「先生、私…わたしは…」涙を流しながら必死に訴えると、先生は… #犯人にされた私 14

「犯人にされた私」第14話。「絶対100%合格塾」に通っていた小学生のつむ田さん。ある日、塾でテストを受けていると、成績トップの良子ちゃんが突然泣き出してしまいました。先生は良子ちゃんに話を聞くため、2人は場所を移動。みんなは引き続きテストを続けました。少ししてから先生だけが戻ってくると、なんだか怒っている様子でした。そして、いきなり「今から荷物検査を始める」と言い出すと、全員の荷物をチェックし始めることに……。

一番最後の生徒、つむ田さんの荷物をチェックし終わると、先生はつむ田さんに向かって、「話があるからまとめなさい。一番奥の部屋にいるからな」と言うと、物凄い勢いでドアを閉め、出て行ったのでした。

 

早速先生の待つ部屋へと向かうと、先生から「お前が良子をいじめたんだろう?」と言われたつむ田さん。

 

先生は1枚のメモを取り出すと、「声に出して読みなさい!」と声を荒げます。

 

その剣幕に圧倒されたつむ田さんはメモを読むことに。

 

「志望校に落ちろ。調子に乗るな。良子みたいに嫌なやつは絶対に合格できない」

 

メモを読み終わると、つむ田さんは「私じゃない」と否定するものの、先生はつむ田さんを犯人だと言い張ります。

 

その根拠は、良子ちゃんの机に入っていたメモと同じ柄のメモ帳をつむ田さんが持っていたからなのでした。

 

つむ田さんは必死に反論!

 

「ハムハム三郎のメモ帳、私以外にもクラスで持っている子がいます」

 

再度先生に自分は犯人じゃないと訴えるのですが、「これだけ条件が揃っている」と言うと先生は自分の意見を変えませんでした。

 

さらに、先生は「今認めたらお母さんには黙っておくから」と穏やかな表情に豹変。

 

続けて「もう先生怒らないから、正直に言いなさい」そう言うと、つむ田さんの頭にポンと軽く手を置いて……!?

 

「先生……わたし、私は……」泣きながら再び口を開くと…

#いじめの犯人にされた私 13

#いじめの犯人にされた私 14

 

#いじめの犯人にされた私 14

 

 

#いじめの犯人にされた私 14

#いじめの犯人にされた私 14

 

#いじめの犯人にされた私 14

#いじめの犯人にされた私 14

 

 

#いじめの犯人にされた私 14

 

#いじめの犯人にされた私 14

 

「良子ちゃんにあんなメモ書いてません!」

 

つむ田さんが泣きながら訴えると、

先生は「……そうか」とひと言。

 

「もう下校時間だから帰りなさい」

 

つむ田さんにそう言うと、教室を去ろうとしました。

 

「先生待って! 本当に身に覚えがなくて……。

それだけは信じてください!」

 

「子どもが言うことを信じられるわけないだろ」

 

「約束通り親御さんには連絡しておくから

覚悟しなさい」

 

冷めた目でそう言うと、

教室から出て行ったのでした。

 

 

「自分は犯人じゃない」ということを最後まで貫いたつむ田さん。先生はこれ以上何を言ってもつむ田さんの意見が変わることはないと察知したのか、諦めてその場を後にするのでした。しかし、これだけ一貫して「犯人じゃない」「信じてほしい」と主張しているのに、一切信じてもらえないのはつらいですよね。先生は今かなり機嫌が悪そうなので、すぐにでも親御さんに電話を入れそうですが……どうなってしまうのでしょうか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    51 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶