ママ友の引っ越しから十数年が経過。マンションに平和が訪れたと思いきや…? #困った住人 最終話

「困った住人 」最終話。ある日突然、ポストに苦情の手紙が入っていたつむ田さん。手紙には「うちの庭に女の子の人形が落ちてきました。非常に迷惑です。ベランダに子どもを出さないで、ちゃんと子育てしてください」そう書かれていました。

そして、手紙は相変わらずつむ田さんのマンションのポストに投函され続け、その内容は日に日にエスカレートしていくのですが、あるとき謎の手紙の犯人と遭遇してしまうことに……!

犯人は、107号室に住むナナメさんだったのです。

 

ナナメさんは自分の庭に何度か女の子の人形が落ちていたのが気にくわず、「迷惑している」と主張。

 

つむ田さんは娘さんをベランダに出したこともなければ、家の中にある人形の数も減っていなかったと説明をしますが、ナナメさんに話が通じることありませんでした。

 

しかしその後、トナリさんの息子、ナゲル君がベランダの手すりによじ登り、庭に向かって人形を投げているところを目撃したつむ田さん。

 

ナゲル君にすぐ降りて部屋に入るよう指示を仰ぐと、慌ててトナリさんに報告しに行きます。

 

これまでの流れを話し、さらに「ナナメさんの誤解を解きたい」と要望を伝えるのですが、トナリさんは「やめてよ」と激怒!

 

「友達やめるわ」と言い放ち、思いっきりドアを閉められてしまったのでした。

 

その日以降、トナリさん達から無視される生活が続いたつむ田さん。

 

そんなある日のこと、ナナメさんが目の前にいきなり現れたかと思うと、「すまなかった」と謝罪し始めたのです。

 

さらに、「私と一緒に復讐するつもりはないか?」と提案。

 

しかし、つむ田さんがその提案に乗ることはありませんでした。

 

その後、ナナメさんが住人会議で、写真と資料をみんなに共有したことをキッカケに、トナリさんはママ友たちから孤立。

 

とうとう引っ越すという事態になってしまったのでした。

 

あの一件から、数十年後が経過して…

困った住人 37

 

困った住人 37

 

 

困った住人37

 

困った住人 37

 

困った住人 37

 

 

困った住人 37

 

困った住人 37

 

困った住人 37

 

困った住人 37

 

「トナリさんって隣の部屋をずっと賃貸に出してたけど、

最近旦那さんと戻ってきたんでしょ」

 

住人トラブルについて聞いていた娘のツム子さんが、

お母さんに問いかけます。

 

「そうなのよ……。ここ新築で買ったばかりなのに、

わざわざ引っ越すなんて勿体ないってみんな言ってたわよ。

あの件で居づらかったんじゃない?」

 

「戻ってきてからは嫌なことされてない?」

 

「廊下で挨拶されても無視されるくらいかなぁ?」

 

しかし、トナリさんもナナメさんも当時と全然変わっておらず、

呆れるつむ田さん。

 

「相変わらず、あの人たちは困った住人よ」

 

ため息交じりに思わずポロッと本音が漏れてしまうのでした。

 

 

トナリさん夫婦はまたこのマンションに戻ってきたわけですが、相変わらずトナリさんとナナメさんの相性の悪さは変わっていませんでした。しかし、同じマンションに住む仲間同士、きちんとみんながルールを守って、快適に暮らせるようになるといいですね。

 

◆「困った住人」はこれで連載終了です。短い間でしたが、ご愛読くださった皆さま、どうもありがとうございました!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    45 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶