「結婚式しようね」と言っていたのに再婚した夫が結婚式を拒否!衝撃の言い分は… #イイ男はモラハラ夫でした 24

「イイ男はモラハラ夫でした」第24話。モラハラ夫と15年の結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活とは……?

当時、プロポーズと同時にバツイチであることを彼から告白されたRINさん。戸惑いはありましたが、彼を気に入った両親の後押しもあり、やがて入籍します。すると、夫となった彼は、穏やかな人だと思っていたのに、RINさんをバカにしたり、優位に立とうとしたりするように。

さらに、仕事を突然退職し、貯金がないのにのらりくらり過ごしている夫。結婚する前に仕事を辞めているRINさんは、家計が不安でたまりません。夫に意見を言うと、そのたびに都合のよい主張をし、言うことがコロコロ変わります。そんな夫に、RINさんは怒りと不安を募らせていきます。

RINさんは自分の結婚式のための貯金に手を付けるなら、さっさと結婚式をやってしまおう! と夫に提案しますが、夫の反応は……!?

毎日昼過ぎまで寝て過ごし、口だけは達者の働かない夫を見て、RINさんの頭には「離婚」の2文字がよぎりました。自分の貯金は憧れの結婚式のためのもの。それなのにぐうたら夫を支えるためにつかうなんて……、とRINさんはモヤモヤ。

 

どうせ貯金を崩すなら、結婚式をさっさとやってしまおうと夫に提案します。すると夫は――。

 

「結婚式は好きにしていいよ」はいったい…

#イイ男はモラハラ夫でした 24

※47話参照 →「イイ男はモラハラ夫でした」20話参照

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

#イイ男はモラハラ夫でした 24

 

夫はバイトの面接に落ち、収入も夫の残高もゼロになってしまいました。RINさんは、結婚式のために貯金をしていたお金に手を付けることを覚悟します。そしてそれならいっそ、結婚式をさっさと挙げようと思い、夫に提案。すると夫は、

 

「は? 結婚式? オレは一度盛大にやってるわけ。どのツラ下げてまた結婚式やるんだよ?」

 

と言い出しました。

 

結婚する前は

 

「RINの好きにしたらいいよ」

「オレ一度やってるけどさ、RINがしたいなら結婚式しよう」

 

そう言っていたのに……。

 

RINさんがそのことに触れると夫は、

 

「それにもう結婚して何カ月も経ってるのに今さら結婚式もクソもないだろーが。あんなのは結婚してすぐやるもんだ!!」

 

とまで言い出したのでした。


◇  ◇  ◇

 

RINさんは結婚式についてモラハラ夫さんに、結婚前、「RINの好きにしていいよ」と言われていました。その言葉に思いやりや愛情を感じ、モラハラ夫さんの離婚歴などの、懸念していたことが吹っ切れたのではないでしょうか。それだけに約束してくれたことが次々と覆されていくのは、とてもショックですよね。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶