「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

【子宮がんと腸閉塞になりました 10話】43歳になる誕生日当日。レバーのような血の塊と大量出血に見舞われ、思わず「ギャー!」と叫び声を上げた、はなうたねこさん。婦人科を受診したところ、子宮体がんだと宣告され…!?

 

腸閉塞で緊急手術!

子宮体がんになってしまい、約6時間におよぶ大手術を受けた、はなうたねこさん。子宮体がんのステージがⅢCだと判明し、抗がん剤治療を受けることになりました。その後、3回目の抗がん剤治療を受けてから4日目の深夜、はなうたねこさんの体に異変が! なんと、激しい胃痛とともに便意や吐き気、冷や汗に襲われたのです! 深夜の2時に救急車を要請し、病院で検査を受けた結果、今度は腸閉塞になったことが判明。急きょ、緊急手術を受けることになり……。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

深夜に強烈な胃痛と吐き気に襲われ、救急車で搬送されたはなうたねこさん。明け方ごろに検査結果が出て腸閉塞だとわかり、激痛が始まってから約半日後のお昼ごろに緊急手術がおこなわれました。

 

手術では小腸を40cmほど切除。この時点で術後の病室は未確保でしたが、手術しないと手遅れになるとのことで、手術が最優先でおこなわれたそうです。「一刻も早くこの激痛をなんとかしてくれ」と痛みに悶えていたはなうたねこさんでしたが、手術が終わると今までの激痛が嘘のように消え去りました。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

その後、正式な病名が判明。『絞扼(こうやく)性腸閉塞』、いわゆる腸捻転で、聞くところによると小腸がねじれていたそうです。小腸がねじれるなんて想像しただけで痛そうですね……。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

手術後はおなかの激痛もなくなり、手術した傷口部分もそこまで痛くありません。ただ、タイミングが悪く、このときのはなうたねこさんは抗がん剤の副作用の1つ、『骨髄抑制』がちょうど起こっている時期でした。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

骨髄抑制とは、抗がん剤によって骨髄の働きが低下した状態のこと。骨髄の血液細胞をつくる働きが低下した結果、動悸や息切れ、めまい、貧血、だるさ、出血しやすい、感染症にかかりやすいなどの症状が体に現れます。

 

骨髄抑制によって体がフラフラし、うまく歩けないはなうたねこさん。看護師さんに協力してもらい、手術後は車椅子で運んでもらったり、歩くときに手を貸してもらったりして、レントゲン検査などを受けました。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

入院中のある日のこと。はなうたねこさんが病院のロビーで食事をしていた際、目の前にいた女性と会話をする機会があったそうなのですが、実はこの女性も腸閉塞で入院したとのこと。

 

その女性に話を聞いてみると……

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

彼女は、はなうたねこさんとは違う方法で腸閉塞の治療を受けたのだとか。はなうたねこさんは開腹して小腸を切除する手術を受けました。開腹手術の場合は体の負担が重い代わりに、すぐに治すことができます。

 

一方で、彼女は開腹手術を受けず、鼻から管を入れて小腸の詰まっている部分まで管を伸ばし、小腸の詰まっている部分より手前にある空気やガス、体液を抜く治療を受けたそうです。治療後、小腸がしぼんで均一になったら食事を始めることができますが、うまくいかなかったら再度やり直します。この方法は開腹手術と比べて体の負担が軽いのですが、うまくいかなければ何度もやり直す必要があり、治療期間が長引いて医療費がかさむ可能性もあるそうです。

 

どっちの治療法がいいのか比較した結果、「どっちもどっちだよね」という結論に至った2人でした。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

今回も、医療費がいくらになるのか気がかりだったはなうたねこさん。

 

手術・入院することがあらかじめわかっていて、限度額認定証を前もって申請していれば、病院の窓口で払う費用は安くなります。しかし、今回は緊急手術を経て入院したため、限度額認定証は申請していません。そのため、はなうたねこさんは今回、病院の窓口で一旦、医療費の全額を自己負担しなければならないのです。その後、高額療養費制度を申請すれば、一定の金額(自己負担限度額)を越えた分が、あとで払い戻されます。

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

でも、その『一旦払う金額』はいくらになるのか……?

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

不安になったはなうたねこさんは、看護師さんに相談して概算を出してもらいました。

 

すると……

 

「さすがに100万円はいかないよね?」看護師さんに概算を出してもらうと!? #子宮がんと腸閉塞 10

 

今回の医療費は、だいたい13万円くらいになるとのこと。

 

ーー100万円とか言われたらどうしようかと思ったけど……13万円くらいならなんとかなるな。よかった。

 

と、安心したのでした。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

はなうたねこさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターはなうたねこ

    40代で子宮がんが判明。子宮全摘出、抗がん剤治療、2度の腸閉塞を経て、現在がんサバイバー12年目。そのほかいろいろInstagramにて投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶