「この家族、正気!?」モラ義父、嘲る義母…義家族の異様すぎる関係性にドン引き! #旦那は出会い厨 5

「信じていた旦那は出会い厨でした」第5話。誰もがうらやむような魅力的な男性・マサルと入籍したリンさん。お姫様のようにやさしく扱ってくれていたマサルは、結婚後すぐに豹変! リンさんが体験した夫のあり得ない浮気騒動の体験談です。

保育士として働くリンさんの給料を管理し、月に2万円しか渡さず、自分は毎日のように遊びまわる夫のマサル。「お金のことに口出しするな」と、モラハラ発言を繰り返し、次第に従うようになってしまったリンさん。

 

そんなマサルの家族も、実は一癖も二癖もあるようで……。

 

最低な夫の両親もなんだかおかしい……

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

 

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

 

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

リンさんとマサルの両家顔合わせの食事会での出来事。リンさんが違和感を感じたのは、リンさんのお母さんと義姉の会話がきっかけでした。

 

「頭が悪くて、資格をお金で買った親不孝もの」

 

義姉が栄養士として働いていると話すと、マサルの母親は平然とそう言い放ち、一瞬にして場が凍りつき、雰囲気は最悪に……!

 

リンさんのお母さんが思わずフォローを入れますが、マサルは特に気にしていない様子。マサルの父親もモラハラ気質の人らしく、義母に対して強く当たるような人だったようです。

 

「こんな光景が日常なんて、この家族正気か?」

 

リンさんは当時感じたこの違和感を信じていればよかったと、今は後悔しているそう。顔合わせの場で自分の家族をけなす義母と、それをおかしいと思わないマサル。そしてモラハラ気質の父親……。この家族、どこかちぐはぐな感じがしますね。

 

マサルのリンさんに対する威圧的な物言いも、この家族の中で日常を送っていた影響なのでしょうか。とはいえ、結婚するということは、今後も末永くパートナーの家族と付き合っていくということ。それを考えると、顔合わせのときの家族の印象というものはすごく大事なものですね。

作画:白米お米

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターリン

    保育士のリンさんは、大学を出てすぐに結婚。しかし、結婚後も夫は毎晩のように飲み歩いていた。ある日、夫のマッチングアプリの登録が発覚し…!?

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶