「離婚して実家に戻りたい…」電話で相談。実母からのショッキングな答えは… #イイ男はモラハラ夫でした 26

「イイ男はモラハラ夫でした」第26話。モラハラ夫と15年の結婚生活を送ったのち、離婚したRINさん。モラハラ夫との苦悩と忍耐の結婚生活を振り返ります。

バツイチの彼と入籍すると、夫となった彼は、穏やかな人だと思っていたのに、RINさんをバカにしたり、優位に立とうとしたりするように。

さらに、夫は仕事を突然退職し、貯金がないのに転職しようとする気配もありません。夫の貯金がゼロになったので、RINさんは結婚式のために貯めていた自分の貯金に手を付けることに。

それならばさっさと結婚式を挙げてしまおう、結婚指輪を買おうとRINさんは夫に提案しましたが、両方とも反対されてしまいます。結婚する前はRINさんの好きにしていいと言ってくれていたのにと、RINさんは戸惑いを隠せません。


RINさんは「離婚したい」と思い、実家に電話をかけました。すると電話に出たお母さんは――?

「離婚したい」実家の母の返答は…

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

#イイ男はモラハラ夫でした 26

 

結婚式を挙げることも、結婚指輪を買うこともRINさんは夫に反対されてしまいました。

 

「なにのんきなこと言ってんだよ!! 少しは考えろ。バカが!!」

 

夫の暴言に、怒りよりも失望が大きかったRINさん。都合のいいことばかり言っては今日ものんきに寝ている夫を見て、がっかりする気持ちは募るばかり。

 

そしてこんな夫のために、自分がこれまで憧れの結婚式のために貯めていた貯金を使わないといけないなんて……とやるせない気持ちになりました。

 

そして、とうとう「離婚したい」と思ったのです。

 

RINさんは実家に電話をかけることにしました。お母さんにこの状況をわかってもらうためでした。しかし、現実はそう甘くはなく……。

 

RINさんがお母さんに状況を説明し、離婚して実家に戻ろうと思うと伝えると、「なに言ってんの」と一喝されてしまいます。

 

夫婦はいいことばかりじゃない。大変なときこそ支え合うものだと……。寄り添ってほしかったお母さんに理解してもらえず、ショックを受けるRINさんでした。

 

◇  ◇  ◇

 

RINさんはこのときはっきりと「離婚したい」と思ったのだそう。お母さんは正論を言っているかもしれません。しかし、このときRINさんは支え合うどころか、モラハラ夫さんに心を踏みにじられています。RINさんとしてはお母さんにまずは話を聞いてほしかったのではないでしょうか。


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターRIN

    2児男の子ママ。モラハラ夫と15年の結婚生活を経て離婚→18歳年下夫と子連れ再婚。モラハラ元夫との過去話や、現在の年下夫と子どもたちとの毎日をマンガ化しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶