「最低な施設を変えるため」意地悪な先生の言葉に園長先生がまさかの…? #ポストで産まれた子 32

「わたしは赤ちゃんポストで産まれた子」第32話。みかん高校生さんは、赤ちゃんポストで生まれ育った後、乳児院を離れ養護施設に預けられます。はじめは慣れずに泣いてばかりでしたが、ようやく正義感が強く、ヒーロー的存在のシミ姉ちゃんというお友だちができます。しかし子どもたちに対するいきすぎた行動が多い養護施設のK先生によって、苦しめられることになるのでした。

いきすぎた行動が園長先生にバレてしまったK先生。しかし開き直ったK先生は「しつけのためにしたことだ」といって、他の先生たちや子どもたちに暴言を吐き続けるのでした…。

濡れ衣を着せられそうになる施設の子どもたちを守るため、状況を知る他の先生たちも真実を語りはじめました。説明を求められて窮地に立たされたK先生は、ついに本性を現わします。「最低なこの施設を変えるためにした。むしろ私に感謝してほしいくらい」と言い放ち、園長先生に同意を求めますが…。

K先生の言い分に、園長先生は…?

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子242

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子243

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子244

 

 

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子245

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子246

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子247

 

 

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子248

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子249

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子250

 

 

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子251

 

わたしは赤ちゃんポストで産まれた子252

今までしてきた子どもたちへの嫌がらせを謝罪するのではなく、「しつけのためにやった。むしろ私に感謝してほしい」と言い放ったK先生に対し、園長先生は小声で何かを言います。

 

K先生が園長先生に聞き返すと「お前が無能だっていってるんだよ!!」とブチギレ!これにはその場にいた全員が驚きます。

 

「先生たちは大変な仕事なのに、頑張ってくれている」

「子どもたちだって素直でかわいい。私の立派な子どもたちだ」

と話す園長先生。続けて

「私は頼りない園長かもしれないが、みんなのことをバカにするのは許せない!」

と涙を目に溜めて言いました。K先生が、自分の大切にしている他の先生や子どもたちをバカにした発言が本当に許せなかったのでしょうね。

 

そして、K先生がこの施設に来たのは、自分から来たわけではないことが判明。

なんとK先生が前に勤めていた園での評判が最悪だったため、この施設に来ることになったというのです。これにはK先生も意表を突かれたことでしょう。

 

それにしても、子どもたちや先生たちのために涙を流せるなんて、素敵な園長先生ですね。K先生の異常な言動から守ってくれた園長先生。この園長先生の施設であれば、今後も何かあったとき子どもや従業員をしっかり守ってくれそうですね。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターみかん高校生

    女子高生でライブドアブロガー。インスタやブログで赤ちゃんポストに預けられ、養護施設で育った経験を漫画にして発信してます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    20 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶