「生理なんじゃね?」大学教授をからかい教室を静まり返らせた男子学生のひと言

私が大学生だったころの話です。年齢も大人に近づき、女子同士の会話の中でお互いの生理についての話も出るお年頃。しかし、生理の話は、話す人と内容によっては、とても不快になるものだと実感した出来事です。

「生理なんじゃね?」大学教授をからかい教室を静まり返らせた男子学生のひと言

 

「生理なんじゃね?」大学教授をからかい教室を静まり返らせた男子学生のひと言

 

女子の間では生理の話が気軽に交わされる

当時、私は大学生で、男子が全体の1割程度しかいない、ほぼ女子ばかりの大学に入学したてのころでした。

 

年齢も大人へと近づき、女子の間では性や生理の話が当たり前のようにされる年頃。イライラしている子は、自分自身のことを「もうすぐ生理かも〜」と言ったり、いつもは穏やかな子がピリピリしていれば「大丈夫〜? 生理とか近い?」と聞く子がいたり、私の周りでは女の子ならではのノリが許されていました。

 

ところが男子が生理をネタにすると…

そんなある日、講義の中で、教授がイライラしている日がありました。教授がレジュメを取りにくるよう学生たちに告げたのですが、ダラダラとおしゃべりしながら行動する学生が多く、苛立った教授は学生たちに対して学ぶ側としての態度の在り方や、講義の時間の貴重さについて説教したのです。

 

そのとき、全体の1割しかいない男子学生の1人が「なんか教授イライラしてるなあ。生理なんじゃね?」と言い放ったのです! たまたまその瞬間、教室内のざわつきがおさまっていたせいか、その声は遠くにいた人にも聞こえたようです。誰1人笑うことなく、凍りつく空気。言った本人はさほど気にしていないようでしたが、周りはドン引き。幸いにも教授本人には聞こえていなかったようで、ホッとしました。

 

 

「イライラする=生理」ということが、女子の間ではなく男子から発せられるジョークになると、とても不快になるんだなと感じた体験でした。

 

その後、社会人になった私は、生理中の女性を気にかけてくれる男性がいることも知りました。すべての男性が彼のように生理をジョークに使うわけではないとわかっていますが、イライラしている人を見て「生理か?」とネタにするのはやめてほしいです。

 

原案/橋本かなこさん
作画/おみき
監修/助産師 松田玲子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶