記事サムネイル画像

「眉のみを描いて出勤」アラフィフのズボラ主婦がきれいでいたいという気持ちを取り戻したのは

前職の化粧品メーカー美容部員を退職し、半年の無職時代に加えて再就職先がさほど見た目に気をつかう必要のない職場でした。毎日、誰がどこで見ているかわからないから常にきれいでいなければ! という生活から解放されたため、化粧も適当、服装も動きやすさ重視になり、だんだんと見た目などどうでもよくなっていった私が、きれいでいようとする気持ちを取り戻すまでの体験談です。

 

ズボラな私が見た目すべての美容部員へ

元来面倒くさがりでズボラ、生きていければ最低限の見た目でいいという私が就職活動で受かってしまったのが化粧品メーカーでした。しかも、何の因果か化粧品メーカーの看板である美容部員に採用となりました。それまで化粧もしたことない、スキンケアも適当という私がです。

 

お客様にメイクするどころか自分のメイクにも1時間はかかり、毎朝泣きながらフルメイクしていました。しかしメイクに慣れてくると、自分がきれいになれるのが楽しくなり、スキンケアの知識を得て美肌を手に入れることができると、ダイエットやヘアケアなど、自分を磨くことに喜びを感じ始めていきました。

 

そして眼鏡をコンタクトレンズに変え、ネイルが映えるように手荒れにも気をつかい、ファッション雑誌を見て流行りのメイクを勉強するという、以前の私では考えられない生活を送るようになったのです。

 

退職した途端、以前の私に逆戻り!

頭を抱えるつらそうな女性

 

1年365日、人の目を気にする生活をしていた私ですが、その化粧品メーカーを45歳で退職しました。帰宅時間が遅いこと、子どもたちの習い事や塾の送り迎えが増えてきたこと、そして売り上げを作り続ける生活に疲れたためです。

 

有給休暇を消化し、失業保険をもらいながらの就職活動と、退職してほぼ家で過ごす生活を続けるうちにあれだけ気を付けていた生活は消え去りました。

 

コンタクトレンズの装着をやめ、化粧もやめて、トレーナーとチノパン数枚をローテーションする生活は何とラクなことか! もともと面倒くさいことが苦手な私は、ラクなほうに流れて、すっぴんでいることに慣れてしまいました。

 

それに加え、就職した先は最低限の身だしなみさえ守られればいいという大手スーパーのレジで服装は自由。帰宅時間が早く、休みの希望が通る仕事先であれば良いと手っ取り早く決めたところです。

 

しかも世の中はマスク生活なので化粧は手抜きでなんの問題もなし。眉のみ描いて出勤する生活をずっと続けました。

 

そんなとき、「このままではまずい」と気付いた出来事がありました。前職の後輩の結婚式です。招待されて改めて自分を見返すと、ただただ反省でした。適当なスキンケアで毛穴は開いて肌はカサカサ、一年以上眼鏡生活でコンタクトレンズの度は合わず、髪は伸び放題でパサパサ。見た目にかまわない生活をたった一年続けただけでこんなふうになるのかと、がく然としました。

 

 

毎日きっちり化粧とヘアケア

ブラシで髪をとかす女性

 

眼鏡でもきれいでかわいい人はいますが、私はなんだか眼鏡が似合わず地味になってしまうので、コンタクトレンズを作り直してそこからイメージチェンジ

 

しばらくしていなかったアイメイクも毎日するようにし、アイライナーとマスカラで目元をハッキリさせると、やはり朝から気分が上がります。なるべくパール感のあるキラキラするアイシャドウで目元を明るくするように心がけました。

 

さらに、伸び放題で白髪も生え放題だった髪を、美容室に行って短くカット。アレンジしやすいように緩いパーマをかけて白髪を染め、自分でもすっきりした気分に

 

出勤したら「あれ? コンタクト? 髪切った?」など気分が良いほど質問の嵐。たったこれだけのことでもイメージチェンジに成功です。

 

メイクをするから毎日クレンジングもする。その流れでしっかりスキンケアをするようになって肌もきれいになり、ファンデ―ションののりも良くなりました。

 

毎日きれいに自分を整える生活を取り戻し、鏡を見るのが楽しくなる日々が復活です!

 

まとめ

アラフィフのパート主婦なんて誰も見ていない、そう思って見た目に気をつかわない生活を1年間続けた結果、さえない私がますますさえない主婦になりました。それが、もう一度きれいでいたいという意識を取り戻した結果、肌も生き生きして、何より自分自身が楽しくなりました。

 

きれいでいようと思えば食べ物にも気をつかうし、服装も気にかけるようになります。ただ年を取っていくのではなく、きれいなおばあちゃんになれるように今から気を付けていきたいと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/きびのあやとら

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まさみ

中学生と小学生の男の子を持ちフルタイムで働いている。昨年化粧品メーカーを辞め、別の業種に。慣れない仕事と化粧品業界のときと変わらない「女同士の上辺の関係」を生暖かく苦しみながら見つめる日々。帰れば子どもの送り迎えと家事に追われ、趣味だったスキンケアもできずカサカサな肌となる。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →