「私の面倒は誰がみるの?」離婚を切り出す妻に義姉が仰天発言!嫁の義務だと叫んで #旦那は出会い厨 22

「信じていた旦那は出会い厨でした」第22話。誰もがうらやむような魅力的な男性・マサルと入籍したリンさん。お姫様のようにやさしく扱ってくれていたマサルは、結婚後すぐに豹変! リンさんが体験した夫のあり得ない浮気騒動の体験談です。

マッチングアプリを利用している友人マナからの知らせで、夫のマサルがアプリを使って出会いを募っていることを知ったリンさん。今まで受けてきたモラハラや警察沙汰になった件をマナに話し、離婚の証拠集めに協力してもらえることに。

 

リンさんは夫のマサルに浮気の証拠、警察への相談記録を叩きつけ、離婚を告げました。さらに、保身や体裁が大事なマサルが最も恐れている、身内への暴露を決行することに!

 

両家族が揃う話し合いの日、リンさんは義父母に、マサルが家にろくに帰ってきてないことや、マッチングアプリで浮気をしていた証拠を提示しました。

 

しかし義父は「性生活がなくなるのは嫁の怠慢」だと言い、義母は「夫に外で遊ばれるのが嫌ならさっさと子どもを作ればよかったのに」と叫び、息子の非を認めず、リンさんを責めようとしました。

 

すると、義姉が何やら言いたそうに手をあげて、離婚は反対だと口を出します。その驚愕の理由とは……?

何か勘違いしてない?家族全員、話が通じない……。

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

 

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

 

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

 

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

信じていた旦那は出会い厨でした

 

「私はどんな理由があっても離婚は反対」義姉が手を挙げて言います。

 

義姉は、老後の面倒は長男の嫁が看るものだと思い込んでいました。リンさんは言葉を失いますが、なぜか義姉は勝ち誇った様子。

義父まで「だいたい辛抱が足らないんだ!」と加勢してきます。

 

「こんなことなら予定していた支援を打ち切らないとな……」

 

義父母は、リンさんたち夫婦が家を建てる際は、お金の支援をしようと思っていたと打ち明けてきました。

 

「家? いらなすぎて笑える……」

 

離婚の話をしているのにまったく話の通じない義両親。リンさんも両親も呆れ返るしかありません。

 

リンさんには、自分の老後を世話する義務があると勘違いしている義姉は、それでもなお離婚を反対してきます。しかしリンさんは「そんな義務は最初からありません!」と一喝したのでした。

 

 

マサルの両親から急に、家の支援をしないと言われたリンさん。義両親にとっては離婚を止める最後の切り札だったのかもしれませんが、離婚したいリンさんにとっては欲しくもありがたくもない話。リンさんの母の手助けもあり、義両親の餌で釣る作戦はあっけなく失敗に終わりましたね。

 

義姉も自分の世話は嫁がするものと、どこで覚えてきたのかとんでもない勘違い。他人に家族や自分の介護を押し付ける感覚は、理解しがたいものがあります。

作画:白米お米

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターリン

    保育士のリンさんは、大学を出てすぐに結婚。しかし、結婚後も夫は毎晩のように飲み歩いていた。ある日、夫のマッチングアプリの登録が発覚し…!?

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      みんな他人である嫁におんぶに抱っこの精神なの気持ち悪。
      +22 -1

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶