「家出するから!」祖母に責められ、家を飛び出した母。困惑する娘が父に助けを求めると!? #過干渉な母親 2

【母の「アンタのために」から解放されるまで】第2話。7歳のぷみらさん、専業主婦の母親、父親、2歳の妹は、金銭的援助を受けるため、ぷみらさんの祖母(母方)と同居していました。ぷみらさんの母は、祖母や父とケンカばかり。母はいつも怒っているか泣いているかのどちらかで、家族同士の揉め事が絶えない毎日でした。特に、祖母と母はとても仲が悪く、完璧主義な祖母に目の敵にされていました。

「ホコリが残ってるけど? 専業主婦のくせに、掃除も満足にできないの?」指で机をなぞり、ホコリを確かめる祖母。

 

「育児と家事で大変なの」と言い返す母に、祖母は「居候の分際でえらそうに! 土下座して謝れ!」と怒鳴りました。その言葉に激怒した母は……。

 

お母さんが家出…!?

アンタのために2

 

アンタのために2

 

アンタのために2

 

 

アンタのために2

 

アンタのために2

 

アンタのために2

 

「はぁ!?なんで土下座しなくちゃいけないの!?」

 

反論する母に、「衣食住のお金を出してやってるのに、掃除も満足にできないのが悪い!」と、さらに母を責める祖母。

 

すると母は、「なんでこんなに責められないといけないの!? 家出するから!」と言い、玄関に向かいました。

 

急な展開についていけないぷみらさんは、「お母さん、出て行かないで!」と母の背中を追います。

 

しかし、そのまま家を出て行ってしまった母……。

 

「帰って来なかったら、どうしよう……!?」と、困惑するぷみらさんは、お父さんに相談することに。

 

「お父さん!お母さんが家出した! どうしよう!」

 

父の部屋に駆け込むぷみらさん。

 

「家出? あいつは本当に……カバだな!」

 

ぷみらさんの気持ちをよそに、異質なボキャブラリーをかますお父さんなのでした。

 

 

母が家出をする急展開に、衝撃が走るぷみらさん。父の対応を見ると、「そのうち帰ってくる」というのがわかっているのかもしれませんが、子どもにとっては一大事ですよね。家族関係や家庭の事情は人それぞれ。「家を出たい!」と思うほど、嫌なことが起きてしまう場合もあるのかもしれませんが、子どもがいる以上、ある意味、勇気のいることですよね。皆さんはもし、家を出たいほど嫌な出来事があった場合、どうしますか?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぷみら

    HSS型HSP(刺激を求め外交的である一方で、感受性が強く敏感で繊細な気質)のアラサー看護師。Instagramでは、“気にしすぎ体験談”や“HSPあるある漫画”を描いています。失敗だらけだけど頑張って生きてます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶