記事サムネイル画像

「女性同士でも症状は異なる」のに。家族が「私の生理」をわかってくれなくて

生理中に生理痛や不調を感じることが多く困っています。なんとか快適に過ごすために対策はとっているのですが、不調が軽減される場合とそうでない場合も。私が生理中にどのような不調を感じているのか、そしてどのように対策しているのかというと……。

「女性同士でも症状は異なる」のに。家族が「私の生理」をわかってくれなくて

 

生理痛はひどくなる前に対応

私は生理1日目は下腹部が絞られるような強い痛みを感じ、通常通りの生活が送れない場合も多いです。今より若いときにはもっと痛みがひどく、痛みで気を失うようなこともありました。痛くなってしまってからではどうしようもないので安静にするしかありません。

 

生理が始まりそうになると、下腹部に違和感を覚えることが多いので、その段階で鎮痛薬を飲むようにしています。私の場合は、痛みがひどくなってしまうと薬が効きにくいと感じるからです。私はもともとひどい頭痛持ちで、よく鎮痛薬を飲んでいました。しかし、薬を飲むと薬を吐いてしまったり、薬が効かないことがよくあり、薬剤師さんに相談すると「痛みの兆候が出たらその時点で飲んだほうがいい」と言われたのです。

 

その通りにすると頭痛がおさまったので、生理痛も同様に対処しています。

 

生理前の不調がつらい

ひどい生理痛の悩みはだいぶ前からありましたが、最近では生理前の不調の悩みも加わるようになりました。なんとなく頭が重くなったり、おなかのあたりが不快な感じがしたりするのです。

 

そろそろ生理がくるサインと捉えていますが、ちょっとひどいときには寝込みたくなってしまうこともあります。この時点で鎮痛薬を飲むこともありますが、「頭が重いな」と感じる程度のときは薬を使うほどでもなく、我慢しがち。

 

どうせならしっかりと痛みが出てくれれば薬も飲みやすいのですが、なんとなく体調が悪い状況が数日続くのは正直言ってつらいです。

 

生理中や前後の不快感をできるだけ軽減

私の家族は「体のことを考えるとあまり薬に頼るべきではない」と考えているので、薬を飲むたび小言を言われてしまいます。心配からくることなのでしょうが、同じ女性でも痛みの感じ方は異なりますし、経験しないとわからないこともあります。私は痛みで動けなかったり、生活に影響が出たりするので、薬で負担が減らせるなら服薬したほうがいいと思っています。

 

もちろん薬以外の対策もとっています。生理痛で悩むようになってからは、スカートをはくのを避けたり靴下を必ず履いたり、足元が冷えないように気を付けています。また、生理前の期間は栄養ドリンクなどを使って乗り切ることもあります。生理前に鉄分を含んだドリンクを飲んでおくと、生理痛も和らぐ気がしています。薬だけでなくいろいろな方法を使って不快な状況を乗り切っていきたいと考えています。

 

 

「誰でもこれをすれば良くなる」という、生理時の不調に対処する絶対的な方法はあまりないと思っています。それでも、ただ痛みに耐えるだけではなく少しでも軽減する方法を考え、自分に合う対処法を見つけていきたいと思っています。

 

著者/青井まりも
監修/助産師 松田玲子

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →