記事サムネイル画像

「まだ娘を疑っているってことですか?」先生の言葉に怒りの気持ちが再燃して… #犯人にされた私 32

「犯人にされた私」第32話。「絶対100%合格塾」に通っていた小学生のつむ田さん。ある日、塾でテストを受けていると、成績トップの良子ちゃんが突然泣き出してしまうというトラブルが発生!

先生が良子ちゃんと2人になり話を聞くと、良子ちゃんの机に誰かが悪口を書いた手紙を入れたということでした。その手紙に使われていたメモ帳と同じ物をつむ田さんが持っていたことで、先生から「お前が犯人だ」と疑われてしまったつむ田さん。

つむ田さんは泣きながら自分じゃないと否定するのですが、先生は最後まで信じてくれず……。さらに、先生はこの件をお母さんに電話で共有してしまうのでした。

 

そして後日、先生とお母さんは面談をすることに。説明を聞き、納得できなかったお母さんは反論するのでうが、先生は「娘さんしかあり得ないと思う」と主張。

 

そこまで言うには何か理由があるのでは? と思ったお母さんは、別の角度から質問をしてみることに……。

 

すると、先生はつむ田さんが犯人であるという動機を話し始めたのですが、それはつむ田さんの成績が振るわなかった腹いせに、成績優秀な良子ちゃんをいじめたのでは? という先生の憶測の考えだったのです。

 

お母さんは、自宅でつむ田さんが勉強を頑張っていたことを補足し、再度「娘は犯人ではないと思う」と訴えるのですが、先生の心には全く響いていなかったようで……!?

 

先生の言う「お願い」に再びイラ立ちを覚えて…

#いじめの犯人にされた私 31

#いじめの犯人にされた私 32

 

#いじめの犯人にされた私 32

#いじめの犯人にされた私 32

 

 

#いじめの犯人にされた私 32

#いじめの犯人にされた私 32

#いじめの犯人にされた私 32

 

#いじめの犯人にされた私 32

 

 

#いじめの犯人にされた私 32

「もう一度だけ、お家でつむ田に

今回の件を聞いてもらっていいですか?」と言い出した先生。

 

「それは、娘を犯人だとまだ疑っているってことでしょうか?」

 

さすがにカチンときたお母さんは、机を叩いて反論!

 

すると先生は、「いやいやいや!」と焦り出し、

事情を説明し始めました。

 

「そういうことなら、もう一度聞いてみますけど、

うちの子は犯人ではないと言うと思います。

私も今日先生とお話しして、

娘の言うことを信じようと決めました」

 

お母さんはハッキリそう言うと、

何か手がかりになるのではと、

メモのコピーを先生から受け取ることに……。

 

先生にお礼を言うと、

その場を後にしたのでした。

 

 

先生は、最初からつむ田さんを犯人だと決めつけていましたが、お母さんと面談をしても、その思考は全く変わらなかったということが伝わってきて、何だか残念な気持ちになってしまいますね……。最後、先生は舌打ちをしていましたが、クセが強そうな印象を受けました。皆さんはどんな印象を持たれましたか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターツムママ

    息子とパパと家族3人で暮らしているお絵かきママ。インスタグラム、ブログ【ツムママは静かに暮らしたい】で「長男の嫁ってなんなの?」などを連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    122 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      クビだな…コイツ。
      +68 -1
    • 通報
      「クセが強い」んじゃなくて「ただのクズ」だろ、こいつ。
      こんな奴に娘を預けてないでとっとと辞めさせればいいのに。仮に続けるとしてもこのクズに土下座で謝らせるのが最低限の条件だろ。
      +75 -0

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶