記事サムネイル画像

「一歩間違ったら次女の命は…」動揺する私は、旦那と長女の反応で、さらに放心状態に… #誤飲しかけた話 7

「誤飲しかけた話」第7話。2人の姉妹をもつあんころさんが、子どもの誤飲の恐怖に悩む体験マンガです。

次女のとちちゃんはハイハイするころ、何でも口に入れるようになりました。誤飲による事故をニュースで見て、検索魔になるほど心配していたあんころさんは、義母や夫に相談して、できる限りの誤飲対策をしました。

しかしある日、ふと目を話した隙に、とちちゃんが毛糸のぽんぽんを口に入れてしまう事件が!

事態に気付いたあんころさんが、とちちゃんの口を開けて、目に涙をためながら必死になってぽんぽんを取り除きました。気が動転していて、取り除いた表紙に尻もちをするあんころさん。旦那さんと長女が、なにごとかとやってきました。

 

経緯を知った2人のリアクションに、あんころさんはショックを受けてしまうことに……。

 

なんで笑うの!?

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

誤飲しかけた話 7

 

旦那さんと長女に、とちちゃんの口の中に毛糸のぽんぽんが入っていたことを伝えたあんころさん。2人は一瞬固まります。

 

そして、なんと

 

「あははははは」

 

と、笑い出しました。

 

口の中にぽんぽんがあることに気付き、泣きながら、恐怖を感じながら、必死の思いでぽんぽんを取り除いたあんころさんは、2人のリアクションを見て呆然とします。

 

あんころさんがショックを受けていることにも気が付かず、2人はとちちゃんに笑って話しかけていました。

 

「いつのまに食べちゃったんだ?」

「それはねーねのぽんぽんだから食べちゃだめだよー」

「あははは」

 

あんころさんは、そんな2人の言動が信じられません。

 

「なんで笑えるの? 一歩間違えたらそこにとちはいなかったんだよ?」

 

あんころさんは、ぽんぽんを飲み込んでいたらとちちゃんの命が危なかったという怖さを感じていました。そして、そんな風に思うのは家族の中で自分だけだと思い、孤独に……。

 

あんころさんの「誤飲」の恐怖や不安はますます増してしまうのでした……。

 

 

旦那さんと長女ちゃんは、恐怖の場面に直面していないので、結果を聞いて大笑いという反応になったのだと思います。ただ、万が一のことがあったらと不安でたまらなかったあんころさんにとっては、とちちゃんのことを心配しているのは自分だけなのか、という淋しい心境になってしまったのかもしれませんね。

 

監修/助産師 松田玲子


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      子どもはその反応でも仕方ないとして、旦那さん…大人が想像出来ないのはとても危険ですね。お母さんが違和感に気がついてくれて本当に良かったと思います。
      +37 -2

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターあんころ

    フルネームは蓬田あんころぴぷぺ。7歳差姉妹のママです。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →