記事サムネイル画像

「漏れるーッ!!」出産時にパニック!何度も大声で叫ぶ私に、助産師さんが放ったひと言とは【体験談】

私には3人の子どもがいます。3人とも同じ産院で出産したのですが、第1子のみ無痛分娩、第2子、第3子は通常分娩での出産でした。第2子出産時に初めて「赤ちゃんが下りてくる」という感覚に遭遇し、パニックを起こした私。思わず「うんちが漏れる~!!」と叫んだ私に助産師さんが放ったひと言は、今でも忘れられません。

第1子は無痛分娩に浣腸

第1子出産時は陣痛から始まり、産院に行って入院が決まると、すぐに浣腸をしました。はじめは通常分娩にする予定でしたが、陣痛が長引いてしまい、一晩陣痛に耐えたあと、朝一番の診察で先生から「どうする? 無痛にする?」と言われた瞬間に心が折れ、途中から無痛分娩に切り替えることに。

 

その後は、陣痛の痛みも和らぎ、ある程度スムーズに出産することができました。浣腸のおかげで、出産中にうんちは出なかったそうです。雑誌に載っている記事などで、「出産時にうんちが出た」という体験談をよく見ていたので、出なかったことに安堵したのを覚えています。

 

第2子は通常分娩で浣腸なし

第2子は上の子と同じ産院で出産したのですが、出産直前に先生が代替わりしたことで無痛分娩はできなくなってしまいました。病院の体制も大幅に変更になり、入院した際の浣腸はありませんでした。

 

2人目だからかお産の進みも早く、病院に着いて4時間後にはすでに子宮口が10cmに。そのとき、第1子の無痛分娩では体験しなかった「赤ちゃんが下りてくる」という感覚に初めて遭遇したのです。それはまさしく、うんちが出そうな感覚でした。

 

 

大声で叫んだ私に助産師さんがひと言

私は、初めての感覚にパニックになってしまいました。腰がズシンと重くなり、うんちが出てしまう恥ずかしさも相まって体に変な力が入ってしまい、思わず「うんちが漏れるー!!」と何回も大声で叫んでしまったのです。きっと隣の部屋にも響いていたことでしょう。


助産師さんはそんな私にひと言。「もう出たから大丈夫よ! 今、下りてきてるのは赤ちゃんだから」と諭してくれました。そのおかげか、いきむことに集中することができ、何とか第2子を出産したのです。

 

 

分娩中は訳もわからない状態でしたが、出産後、ふと助産師さんの言葉を思い出し、「あ、うんち出ちゃってたんだ」と気づきました。申し訳ないなという思いはありましたが、出産時のうんちはよくあることらしいです。それよりも大声で何度も叫んでしまったことのほうが恥ずかしく、「迷惑をかけてしまったな」と、今思い出しても恥ずかしくなってしまうエピソードです。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 松田玲子

イラスト/ななぎ


著者:横山こなつ

地方在住の3児ママ。夫、小4、小2、2歳、犬2匹の5人家族。 美容の仕事をしながら育児、美容、ショッピング情報を主に執筆中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする


  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →