記事サムネイル画像

「俺は見ないから横で授乳しなよ!」義父の発言にドン引き…価値観の違いはどうすればいい?

義両親とは夫がいなくても食事に行けるほど気を許せる間柄で、良好な関係を築けていました。しかし授乳場所をめぐる考え方の違いから、義両親と私は違う価値観だということに気づいてしまったのです。

 

義両親の言動から価値観の違いにショック!

「見ないから授乳していいよ」価値観が違いすぎる!義両親へ募った不信感

 

「見ないから授乳していいよ」価値観が違いすぎる!義両親へ募った不信感

 

 

 

「見ないから授乳していいよ」価値観が違いすぎる!義両親へ募った不信感

 

「見ないから授乳していいよ」価値観が違いすぎる!義両親へ募った不信感

 

今思えば、新型コロナウイルスが流行っている間も気にせず孫に会いに来ていたときから義両親への不信感が募っていたのかもしれません。

 

娘が生後6カ月になったころ、義実家に帰省することが決まりました。義実家までは、車で5時間以上かかります。生後6カ月の娘を長時間連れまわすのが心配だった私は、帰省の計画について義両親に相談。すると義父から「到着したらみんなでスパ温泉に行こう!」と驚くべき提案が。スパ温泉は、義実家から1時間半もかかります。娘を疲れさせたくなかった私は、家でゆっくりしたいことを伝えてスパ温泉の計画は見送ってもらうことに。

 

帰省当日。5時間かけてようやく義実家に到着しました。落ち着いた環境で十分におっぱいを飲ませたかった私は「授乳をしたいので、空いている部屋を使わせてください」と義父に伝えました。ところが、それに対する返答は「俺は見ないから横でおっぱいあげていいよ」だったのです。文句も言えず、しぶしぶ服で隠しながら授乳を開始。義母も気にしていないようで、授乳に使うクッションを差し出してくれたのですが、あまりの価値観の違いに大きなショックを受けました。


実家に帰ったとき、この出来事を母に伝えると「せめてお義母さんは味方でいてくれないと」と言ってくれ、同じ考えの母にホッとしました。今回は母に共感してもらえたことでモヤモヤが晴れましたが、次回からははっきり別の部屋で授乳したいと伝えようと思います。自分とは価値観の違う相手ともうまく付き合っていく大切さを学んだ出来事でした。

 

 

作画/mosu


著者:三谷瞳

1歳になる娘を育てる元気ママ。1日1日を大切に娘の成長を日々記録中。映画やマンガ、コーヒーが大好きで、ひとり時間も大切にしながら自由気ままに生活中。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎