記事サムネイル画像

「学校行けそう?」原因不明の腹痛でパニックになる娘。無理に登校させてしまい後悔 #長女は繊細さん 2

「繊細さん長女が泣きながら学校へ行った日々の話」第2話。ねこじまさんの長女・わっちちゃんが小学校へ入学したときのお話です。新しいランドセルを背負ってドキドキワクワクしながら、順調な学校生活をスタートさせたわっちちゃん。しかし、2週間ほど経ったころから、家を出る直前に腹痛が始まるようになりました。

2日連続で投稿直前に腹痛を訴えたわっちちゃん。この腹痛が、偶然なのか何か理由があるものなのか判断が難しいところ。

 

このときはもう少し様子を見てみようと思っていた、ねこじまさんですが……。
 

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか…

腹痛はたまたまなのかそうじゃないのか……

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

 

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

 

 

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

腹痛はたまたまなのか、そうじゃないのか……

 

 

わっちちゃんの腹痛が始まった初日、遅れると登校班の子どもたちに迷惑がかかると思い、焦らせてしまったというねこじまさん。

 

小学生ママになったばかりで、ねこじまさんも初めての状況に混乱。
結局わっちちゃんは、落ち着かないまま無理やり学校に行きました。

 

2日目の今回は、登校班の子どもたちに先に行ってもらい、わっちちゃんが落ち着いてから一緒に学校に行くことに。腹痛はたまたまなのか、そうではないのかが判断できないままでしたが、ねこじまさんは学校まで付き添ったあと、仕事に向かうことにしました。

 

 

仕事をしながら子育てしていると、子どもの状況次第で、会社に行くかどうか判断を迫られることってありますよね。「仕事を休んでよかった」と思えることもあれば、「仕事を休まなくても大丈夫だったのでは……」と思うことも。

特に、入園・入学してからしばらくの間は、新しい環境に慣れず不安定な子どもの様子が心配になってしまう日も多いと思います。皆さんはこのような状況のとき、どういったことを目安に、仕事を休む判断をしますか?
 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターねこじま いもみ

    2012年生まれ長女、2014年生まれ長男、2020年生まれ次男。年の差きょうだいのワンオペ育児に慣れすぎた3児の母。育児を通して気づいたこと、学んだこと、何気ない日常を描いたマンガをSNSやブログに投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    2 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      遅れちゃうっていう気持ちはあるんですね
    • 通報
      子どもも親に気遣ってしまいますよね。。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →