記事サムネイル画像

「娘を頼みますね」帰省した長女を見送るときの口癖が増えた日 #わが子が恋をしたとき 最終話

「わが子が恋をしたとき」最終話。3人のお子さんがいる50代のおーちゃんによる、子どもたちが恋をしたときの母としての心境をつづったマンガ。真面目な長女は、人間関係などで体調を崩し休職を経験します。休養を経て復職したころ、新しい恋も始まりました。彼氏との交際は順調に進み、同棲をスタート。その半年後には、結婚のあいさつに訪れます。改めて彼氏の人柄を目の当たりにして、娘の未来を託せる相手だと確信できたおーちゃん。おかげで口癖も増えたようで……。

長女の彼氏の心のこもったあいさつを受けて、おーちゃんは真面目な長女への思いを語ります。「自分は遠くから見守ることしかできなかったけれど、あなたのような人が近くにいてくれるだけで安心して託せます。娘をよろしくお願いいたします」と。

 

和やかな雰囲気で結婚のあいさつを終え、アパートへ帰る長女たちを見送って……。

 

長女を見送る言葉

わが子が恋をしたとき43

 

わが子が恋をしたとき43

 

わが子が恋をしたとき43

 

 

わが子が恋をしたとき43

 

わが子が恋をしたとき43

 

こんにちは、おーちゃんです。

 

長女と彼氏を見ていると、お互いが尊重し合っていることがよくわかりました。

彼氏の心のこもったあいさつには思わず泣かされましたが、その後とても和やかな時間を過ごすことができました。

心から、長女の門出を温かく見守ることができたことに感謝しています。

 

帰省した長女を見送るとき、今までは「気を付けてね、安全運転よ」が口癖でした。

この日から、言葉がもう一つ加わりました。

 

「娘を頼みますね」

これから先、また月日を重ねると、見送る言葉は変化していくかもしれませんね。

 

 

「気を付けてね。安全運転よ」。おーちゃんのように、多くの親が同じような口癖をお持ちではないでしょうか。さらに「娘を頼みますね」という口癖も、子どもが大切なパートナーを得たときに、どの親も同じように願うのかもしれませんね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターおーちゃん

    孫ラブおばさん。10歳年上の夫と2人暮らし。長女(29歳)、次女(27歳)、長男(24歳)の3人の母親で、6歳の孫を溺愛中。Instagramとブログで家族の話を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    15 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →