記事サムネイル画像

「お座りください」→パッカーン。最後まで慣れなかったのは… #卵巣嚢腫が見つかった 9

【PMSかと思ったら手術することになりました 第9話】イラストレーター活動をおこなっている、現役大学生の「めるくれぇぷ」さん。自身のTwitterにて投稿された「PMSかと思って婦人科へ行ったら、卵巣嚢腫が見つかった」という体験談を描いたマンガが話題を集めています。

 

術後5日目。何よりの楽しみは

※作中での、めるくれぇぷさんは“もちふく”というお名前になっています。

 

PMS(月経前症候群)の症状に悩まれていためるくれぇぷさん。婦人科を受診し、検査をすると卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)が見つかりました。大きな病院へ移って改めて精密検査をすると……実は卵巣嚢腫の大きさは10cmだったことが判明! その後、無事に手術を終え、術後5日目を迎えました。

 

「お座りください」→パッカーン。最後まで慣れなかったのは… #卵巣嚢腫が見つかった 9

 

「お座りください」→パッカーン。最後まで慣れなかったのは… #卵巣嚢腫が見つかった 9

※経腟エコーで痛みを覚える場合は、医師に相談してくださいね

 

「お座りください」→パッカーン。最後まで慣れなかったのは… #卵巣嚢腫が見つかった 9

 

「お座りください」→パッカーン。最後まで慣れなかったのは… #卵巣嚢腫が見つかった 9

 

手術後は3日目から歩行練習がスタートし、5日目は退院に向けての最後の診察に臨んだめるくれぇぷさん。術後の体の状態も良好とのことで、安心しました。術後5日目になると、食事の制限も解除され、めるくれぇぷさんは、「病院内の売店に行けること」が何よりうれしかったのだそう。手術という大きなハードルを越えたからこそ、「食べたい物が食べられる」うれしさはより大きいのかもしれませんね。

 

退院後は、入浴の制限(シャワーであればOKであることがほとんどです)や、おなかに負荷をかけること、過度な運動、食事についての説明があったとい言います。回復には個人差があるので、あくまでめるくれぇぷさんの場合となりますが、腹部の術後に気をつけることの一例として知っているだけでも勉強になりますね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 松田玲子

 


 

めるくれぇぷさんの投稿は、ぜひTwitterをチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターめるくれぇぷ

    『食う、寝る、描く』が大好きな女子。Twitterなどでイラストや百合漫画載せてます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶