記事サムネイル画像

「好き!」何度も気持ちを伝えてくれる彼。でも、私たちには問題があって #若かりしころの恋 8

「若かりしころの恋」第8話。40代熟女として日常に起こるあれこれについてをマンガにしているフワリーさん。フワリーさんが夫と結婚するまでに経験した数々の恋愛遍歴!?についてお届けします。中学時代は恋に奥手だったフワリーさんも、短大に進学するとすぐに彼氏ができます。でも、彼氏のファッションセンスが気になって別れを選択。その後、何人かとの恋愛を経たある日、飲み仲間の男性から突然の告白を受けます。返事に迷うフワリーさんでしたが……。

短大に進学してすぐにできた彼氏とは一線を超えますが、フワリーさんが振る形で別れることに。その後何人かと付き合った後、飲み仲間の男性に告白しますがうまくいきませでした。そんなある日、同じ飲み仲間の本田さんから突然のお誘いを受けるフワリーさん。

 

本田さんとはそれまであまり話をしたことがなかったのですが、その日まさかの告白をされて……。

 

本田さんから告白をされ、返事は…

若かりしころの恋8

 

若かりしころの恋8

 

若かりしころの恋8

 

 

若かりしころの恋8

 

若かりしころの恋8

 

若かりしころの恋8

 

 

若かりしころの恋8

 

若かりしころの恋8

 

若かりしころの恋8

 

本田さんから言われた「俺がいるじゃん」というセリフは、帰宅後もずっと頭の中で再生されていました。とはいえ、先日同じ飲み仲間に告白して振られて、そんなに日がたたないうちに本田さんと付き合ってもいいんだろうかと悩む私。

 

そこへタイミングよく友だちからの電話。

友だちもかなり驚いていました。でも「付き合ってみなよ」という。ただ、本当に本田さんから連絡が来るのか? え? 自分から電話するの?

どうしよう……と思っていたら、翌日にちゃんと連絡が来ました。

 

電話口で彼は何度も「好き」だのなんだの言います。あまり好きだのなんだの口にされたことがないので、恥ずかしくて恥ずかしくて。

とはいえ、悪い気はしないw

 

まぁ、でもそんな甘いセリフは一時のものでした。それに、私たちはお互いを名前で呼び合うことができなかった。彼も私も「ねぇ」と声を掛けるスタイル。彼氏のことを「本田さん」と呼ぶのはよそよそしい。でも、え? 名前で? 呼び捨てにするの??

そんなの……最初に思い切って名前で呼べばよかったんですよね。完全にタイミングを逃しました。

 

別れた後に雑誌かなんかで 「名前を呼び合わないカップルの別れ率は高い」と読んだことがあります。これは名前を呼び合わないカップル皆さんに当てはまることではありませんが、私は妙に納得したなぁ。

 

さて、デート2回目にして彼の部屋へ。

いやぁ、しませんよ! まだ体は許すつもりはなく彼の部屋にいきます。 ただ、一緒にいる時間が楽しくて離れたくなかったんです。若いなぁ。

 

 

面と向かって「好き」とハッキリ伝えてくれる本田さん。恥ずかしがっているフワリーさんも、内心とてもうれしかったでしょうね。でも、お互いに名前で呼び合うことがなかったのは寂しいですね。皆さんも、同じような経験をされたことはありますか?

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターフワリー

    会話の中で「あれ、これ、その…」がひどくなった40代熟女。2児の母。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎