パパの帰宅で目がパチリ「なぜ今!」寝かしつけあるある体験談

ほかのママたちにも共感してもらえた「寝かしつけあるある」をママが教えてくれました。ひたすら絵本の無限ループ、パパの帰宅でぱちり「なぜ今!」、部屋を出るまでがミッションの3つです。

寝かしつけのイメージ

 

みなさんは、子どもの寝かしつけに苦戦しませんか? 私は娘の寝かしつけにひたすら頭を悩ませていました。今回は、そんな寝かしつけエピソードのなかから、ほかのママたちからとくに共感してもらえたことを3つご紹介します。

 

続きを読む

ひたすら絵本の無限ループ

寝る前に絵本を読む習慣は、どのご家庭でもあったりしますよね。「絵本が好きな子に育つといいな」と、わが家でも欠かさず毎日読んでいたのですが、あるときから娘の絵本熱がさく裂!

 

「好きなの持っておいで~」というと10冊ほどせっせと運んでくる、1冊終わると「もっと!」ともう一度読むことを要求する、持ってきた分を読み終わると最初の一冊からもう一度……と、ひたすら絵本の無限ループでした。

 

パパの帰宅で目がパチリ「なぜ今!」

体遊びをしたり、大量の絵本を読んだり、歌を歌ったり。いろいろな手で必死で寝かしつけをして、手ごわい娘もやっと布団に転がってうつらうつらしはじめたとき……。「ガチャ、バタン!」そう、パパの帰宅です。

 

「お父さんだ!」と閉じかけていた目をパチリと開け、うれしそうに布団から抜け出ていく娘。「ただいま~」と娘に会えて喜んでいる夫の声を聞きながら、「なぜ今!」と何度も心の中でつっこんだものです。

 

部屋を出るまでがミッション!

すうすうと寝息を立てはじめた娘。添い寝をしていた布団からそっと抜け出し、部屋を出ようとすると、パチリと開く娘の目。もう一度隣にもどる私。また娘が寝入り、やっと部屋を抜け出すことに成功! そう思いきや、ドアを閉める気配でパチリ! 再び娘の隣にもどります。

 

そして今度は長めに時間をおき、そ~っと布団を出て、そ~っと歩き、そ~っとドアを閉めて、閉め終わってから数秒間ほど中の様子を伺ったあと、ようやく寝かしつけ完了のため息をつけるのでした。

 

 

ママたちにとって、なかなか悩ましい問題「寝かしつけ」。どこのご家庭もそんなものだろうと思うと少し気が楽になります。苦戦したときは「あるある!」と笑いの種にして育児を楽しめたらいいですね。


著者:里川まちこ

一男一女の母。自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆中。趣味はフィルム写真・旅行・手芸。とくに毛糸小物を作ることが毎年冬の恒例。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      わかるw鍵を置く音も響いてもう少し静かにーって思っちゃうw

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP