記事サムネイル画像

「小さいころ、なってない?」医師に聞かれてビックリ!皮膚科を2軒まわっても治らなかった痒みの原因

幼稚園に通う4歳の娘と2歳の双子の男女を育てています。出産すると体質が変わると聞いたことがあったのですが、まさか自分が!? 今回は、私が長女を出産後に直面した症状についてご紹介します。

痒くて痒くて眠れない日々

長女を出産して1カ月ほど経ったとき、脇腹の少し上あたりが痒くなりました。母乳がよく出ており、母乳パッドもこまめに替えないと漏れてしまうほどだったこと、また下着の位置が近かったので、締め付けがあることも原因だと思いました。

 

それからは下着を違うものに変えたり、こまめに母乳パッドを替えたりして清潔にしていましたが、痒みは次第に強くなり、夜も眠れなくなるほどに。慌てて皮膚科を受診しました。

 

受診しても治らない痒み…

受診したところ、「母乳でかぶれているから、清潔にして薬を塗ってください」と言われ、薬で様子を見ていました。しかし、痒みは増す一方で、かきむしり過ぎて血がにじみ、少し肌が変色してしまいました。このままではダメだと思い、また違う皮膚科へ。

 

しかし、そこでも母乳が原因と言われ、また違う薬をもらいましたが治りませんでした。困り果てた私に、義母が別の皮膚科を紹介してくれました。

 

 

やっとわかった原因は!?

紹介してもらった皮膚科へ行き、それまで皮膚科へ2軒行ったが治らなかったこと、痒くて夜も眠れず、かきむしってしまうことを伝えました。

 

診断結果は、「アトピー性皮膚炎」。医師に「小さいころになったことない?」と聞かれ、母にも確認しましたが、なったことはないとのことでびっくり。

 

出産後に体質や環境の変化により、今までなかった症状が出ることもあるようで、薬をもらって帰宅。その後、痒さはだんだんとなくなりました。

 

 

あれから約4年経った今では脇腹が痒くなることはないのですが、乾燥すると手が痒くなるので、こまめに保湿をしています。双子がまだ小さいので、自分のことで病院に行くことがなかなか難しく、後回しにしてしまうことが多いのですが、早めに受診することが大切だと実感しました。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師 松田玲子

イラスト/ミロチ


著者:やまぐち さき

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      お医者さんってそんな昔のこともわかるんですね すごい

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →