食・レシピ 離乳食 コツ・ヒント 時短 幼児食 離乳食初期 離乳食中期 離乳食後期

先輩ママが教える!冷凍庫を活用して離乳食作りを時短!

 

離乳食は、少しの量を大人の食事とは別で作らねばならず、毎日作るとなると、とても大変ですよね。私の場合は、友人などから話を聞き、冷凍庫を活用することで離乳食作りの時短に成功しました。今日は、私が実践した離乳食の時短方法をお伝えします。

参考記事:覚えておきたいフリージングの基本ルール 

 

続きを読む

スープや軟飯は製氷皿で冷凍

おかゆや軟飯を作るときは、市販の炊飯器で一緒に炊けるアイテムを使うと便利です。湯のみの形をしていて、中には10倍、5倍などと目盛が付いているため使いやすかったです、炊飯器の中にセットして、大人用のごはんと一緒におかゆや軟飯を作ることができます。

 

また、私は作ったおかゆや軟飯を製氷皿に入れ、冷凍していました。同じように、野菜スープなどもある程度まとめて作り、製氷皿に入れて冷凍します。使うときは、キューブ状のおかゆやスープを1個ずつ取り出して、加熱して戻すと、すぐに使用できて便利でした。

 

 

野菜は茹でて冷凍し、すり下ろす

にんじんなどの野菜も、その都度やわらかく煮てつぶすと大変ですが、冷凍したものを使うと時短できます。スティック状に切った野菜をまとめて茹で、ラップに包んで冷凍します。それをすり下ろせば、つぶすよりも細かくなり、かんたんです。

 

すり下ろしたものは、再び電子レンジで加熱してから、おかゆに混ぜるなどして赤ちゃんに与えていました。いも類以外であれば、冷凍保存しても味を損なわないので、離乳食作りの時短におすすめです。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。