覚えておきたい フリージングの基本ルール

下ごしらえ済みのフリージング食材があれば、離乳食作りはあっという間。 食材の品質や味を落とさずに、冷凍保存するポイントを覚えておきましょう。

ルール1 しっかり冷ましてから冷凍

A969f8355099c6edefb376de6ff98db6温かいまま冷凍室に入れると、凍りにくいばかりか、周りの食品を傷ませる原因に。加熱したものはざるや皿に広げて、しっかり冷ましてから冷凍しましょう。

ルール2 なるべく広げて急速冷凍

C257fb833a734bf3b20bfc4f583ab2bb食品中の細胞を壊さないために、手早く凍らせることが大切。なるべく広げて平らな状態にして、アルミやステンレスなど金属製のトレーにのせて冷凍します。

ルール3 空気を抜いて密封

1320dc29a7d15221b69c78f76e7c2755冷凍用保存袋の中に空気が残っていると、霜や食材の変質の原因になります。空気はしっかり抜いて、きちんと密封してから冷凍しましょう。

ルール4 1週間以内に使い切る

30c05c00dc5a308402b6d2e5f541e969材を冷凍したら、冷凍用保存袋にその内 容と日付を書いておきます。食材は1週間で使い切りましょう。いったん解凍したものを再冷凍してはいけません。

ルール5 冷凍NG食材に注意

2fdb44d5e7dbaa2842b27bd95dce7bea豆腐はすが入って食感が変わるので、冷凍には向いていません。卵はカラごと冷凍ができる食品ですが、安全面、衛生面から考えて、離乳食には使わないようにします。

memo1 フリージングのコツ

冷凍用保存袋に入れる

6a929b19bd1661a14d61ef1bc6e7bb44冷めたら、薄く広げて冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて平らにする。箸で押さえて1回分ずつの筋を入れ、トレーなどにのせて平らな状態で冷凍する。

必要な分だけ取り出す

Af8aa9e78776bff33bf58104b6dc8266使いたい分量を折って取り出す。残りは空気を抜いて密封し、すぐに冷凍室へ。出したままにすると、味の劣化や変質を招くので注意。

memo2 冷凍したものをすりおろして使うのもオススメ

すりおろして細かく

Ede568a9ab4bdff8393f978b97cbaf7f凍ったまますりおろすと、細かくするのが簡単。少量だけ使いたい離乳食作りにはとっても便利。

ブロッコリー

小房に分け、ゆでてから冷凍。使うときは花蕾(からい)の部分をすりおろす。

ほうれん草

熱湯でゆで、水につけてから水気を切り、ラップで縦長に包んで冷凍。

とりささ身

筋を取って加熱し、1本ずつラップに包んで冷凍。包丁で刻んでもOK。

食パン

適当な大きさに切り、ラップに包んで冷凍。すりおろしてパンがゆに。


出典:大人気! クックパッドの離乳食(学研パブリッシング)より

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

今すぐ使ってみよう

助産師に相談

ウェブ上で、直接助産師に相談ができるコーナーです。妊娠中や育児のお悩みや疑問を、助産師に、いつでも無料で相談できます!病院で聞くことができなかった疑問などに、経験豊富な助産師が丁寧にお答えします。


基礎知識

妊娠・出産・育児で知っておきたい情報を、記事としてまとめています。全ての記事は専門医の監修付きです。産婦人科医、小児科医はもちろん、アレルギー専門医まで。注意すべきことを的確にお伝えします。


Q&A

妊娠中の心配事や、出産や産後のママの体、生まれてきた赤ちゃんの悩みなどに、専門家がお答えするコーナーです。さまざまな質問と回答を掲載していますので、ご自身の状況が当てはまるケースを検索し、参考にしていただくことができます。