記事サムネイル画像

「暑いのにどうして?」ギクッ。逆に悪目立ち?真夏でも長袖が必須だったワケは

病院のリハビリスタッフとして働いており、職場の制服は1年を通して半袖でした。腕が常に見えているからこそ、毛の処理は特に気をつけていたのですが……。「ベビーカレンダー」「ムーンカレンダー」読者から募集した「毛にまつわる体験談」について紹介します。

「暑いのにどうして?」ギクッ。逆に悪目立ち?真夏でも長袖が必須だったワケは

 

近くで見えてしまうから…

私は病院のリハビリスタッフとして働いていました。よく動くということもあってか、私が働いていたところは1年を通して半袖の制服。患者さんの体に直接触れることも多く、剛毛で毛深かった私は、特に腕の毛の処理には気をつかっていました。

 

しかし、時々毛の処理が甘いときが……。そのたびに患者さんに腕を見られたのではないかと私は恥ずかしい思いをしていて「見られないようにすればいいのではないか」と制服の上から長袖の上着を着るように。

 

ただ、真夏の暑い日でも上着を着ていたため逆に目立ってしまいました……。

 

結局、その後、何年か働き、貯金を溜めて永久脱毛をして悩みは解消されました。(ミケモモ さん)

 

まとめ

暑さよりも、毛を見られることが恥ずかしかったと言うミケモモさん。忙しい日々で毛の処理をすることを忘れてしまった……ということもよくありそうですよね。永久脱毛で悩みが解決されたとのことでよかったです。

 

イラスト/赤身まぐろ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎