記事サムネイル画像

「養育費40万!?」認知しない代わりに…事後報告の出産に動揺する家族 #恋愛依存のシングルマザー 2

「妹は量産型シングルマザー」第2話。独身で彼氏いない歴3年の佐伯さえ(27)は、大手印刷会社で営業としてバリバリ働くキャリアウーマン。母子家庭で育ったさえには、2つ下の妹・りな(25)がいました。幼いころは仲の良いふたりでしたが、思春期を迎えると状況が一変。オタク趣味だったさえと、おしゃれ大好きなりなは真っ向から対立。次第にお互いを軽視するようになり、りなが18歳で家を出てからは、お互い干渉することなく別々の人生を歩んでいました。

母とふたり、実家で生活していたさえ。ある日、母とは連絡を取っていたりなから、電話があり、母は衝撃的な言葉を聞くことになります。

「私、出産したから病院に来てくれる?」

妊娠していることすら知らなかった母は、驚きのあまり、「体は平気なの!? 相手は!? 結婚は!? 今どこ!? 何やってるの!」と質問が止まりません。

 

電話を切った母は、さえにりなが昨日出産したことを報告。そして、母は慌てて病院に向かいました。さえも母と同様、まったく状況がわからず、困惑していると……。

 

母からの報告の電話で…

量産型2

 

量産型2

 

量産型2

 

量産型2

 

量産型2

 

 

量産型2

 

量産型2

※訂正:(誤)同世代にしては→(正)同世代と比べたら

量産型2

 

 

量産型2

 

量産型2

 

量産型2

 

量産型2

 

 

量産型2

 

量産型2

 

量産型2

 

母が慌てて病院に向かい、残されたさえは、怒りにも似た感情を抱いていました。

 

「りなのやつ、なに考えてんの……昔から迷惑ばっかり……」

 

中学生のとき、グレて万引きをしたりなを母が迎えに行った出来事を思い出すさえ。

 

「うちはお母さんしかいないのに……なんで困らせるようなことをするの!? 大変な中でも私たちに愛情をかけてくれているのに……」

 

当時のさえは強く憤りを感じ、「私は絶対、お母さんを困らせない」と決心。その後、努力して大手企業に就職したさえは、母を助けながら平和に暮らしていました。

 

「りなのやつ……」

 

さえがそんなことを考えていると、母から連絡が入りました。

 

「今、病院で……。女の子、出産してた……。本人はピンピンしていて、スマホいじってるよ」

 

のんきなりなの様子にあきれながらも、子どもの父親について質問すると、「父親は言わないのよ。ただ認知しない代わりに、養育費を毎月40万払うって言っているらしいの」と説明する母。

 

「なにそれ!? ヤバすぎるでしょ!」

 

考えられない状況に思わず声を荒らげるさえですが、母は、「わかってるけど……生まれちゃったんだから、どうにもできないでしょ……」と、腹をくくったような言葉を返すのでした。

 

 

問題児だった妹の影響もあり、シングルマザーの母に迷惑をかけまいと、大企業に勤め、母を助けようと生活してきたさえ。「大変な中でも私たちに愛情をかけてくれている」とさえが感じていたように、母の愛はしっかり伝わっていました。

 

しかし、妹のりなは正反対の行動ばかり……。姉妹で性格が異なることは普通のことですが、今回の出来事は目も当てられません。さえとりなは極端な例ですが、きょうだいがいる皆さんは、きょうだいと自分との違いを、どのようなときに感じますか?

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター神谷もち

    2019年3月、平成最後の男を出産したどすこいママ。息子は子鉄まっしぐら! 育児に奮闘しながら、在宅でイラストや漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    45 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →