記事サムネイル画像

「堕ろすことも考えてるの?」夫の決断に涙したワケとは… #無排卵の私が3人授かるまで 16

「無排卵の私が3人授かるまで」第16話。結婚して以来、仕事の都合で別居婚を続けていたぺ子さん夫妻。ぺ子さんが産休・育休を取得することで一緒に暮らせるのではないか?と考え、妊活をスタートさせることになりました。しかし妊活してわかったのは、多嚢胞性卵巣症候群によって妊娠しにくいというぺ子さんの体。基礎体温を計測した結果、生理はあるものの排卵はしていないという事実が判明しました。幸いにも、治療を始めてすぐに第1子である息子さんを授かり、無事出産することができましたが、第2子の妊活は思ったように進みません。妊娠のタイムリミットも迫っていてーー。

息子さんが生まれたときに取得した3年間の育児休暇中に第2子を妊娠したいと考えていたペ子さん。迫りくるタイムリミットの中、涙する日もありました。

 

しかしあるとき、ぺ子さんは高温期が続き、生理が来ていないことに気がつきました。妊娠検査薬でたしかめて見ると、陽性の線が。ついにぺ子さんのおなかに第2子がやってきたのでした。

 

夫の変化を感じた瞬間とは…

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

※人工妊娠中絶は、母体保護法により定められた適応条件を満たしている場合に限り、施行されます。

無排卵の私が3人授かるまで

無排卵の私が3人授かるまで

 

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

無排卵の私が3人授かるまで

 

妊娠の難しさを味わったことで、ペ子さんは、より一層「妊娠は奇跡である」と実感したのでした。

 

妊娠15週目を迎えたときのこと、ぺ子さんは「クアトロテスト」を持ちかけられました。クアトロテストとは、血液を採取して、胎児がダウン症候群、エドワーズ症候群、開放性神経管奇形である確率を算出するスクリーニングテストのことを言います。

 

「受けたほうがいい」と夫。そのひと言に一瞬凍りつきましたが、夫の意図を知り、ぺ子さんは感動するのでした。

 

第1子を授かる前、精液検査に衝撃を受けて心ない発言をしていた夫。息子さんが生まれ、子育てをする中で、頼れる父親へと成長していました。

 

親として子どもを育てると同時に、親も子どもに育てられているのだと実感しますね。

 

監修/助産師 松田玲子

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターぺ子

    自身の不妊治療を経て、インスタグラムでフォロワー様の不妊治療の体験談や、不妊治療費に関するお金の情報を発信をしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎