記事サムネイル画像

行列に並ばず「一緒に買ってきて」とメモを押し付けてきたおばさん⇒華麗にスルーした結果は!?

22歳のパニ子は元気いっぱいの大学生。卒業を間近に控え、残りわずかな学生生活を楽しんでいます。ある日、親友のエリと行列ができると人気のスイーツ店に行ったのですが、そこで出会ったおばさんがとんでもない人だったのです……。

スカッと系人気YouTubeチャンネル「パニコレ」から、「ルールを守らない傲慢なおばさんの末路」を紹介します。

 

オープンしたばかりなのに大人気のお店

地方出身で地元の企業に就職を決めた親友のエリは、しばらく実家に帰省していました。卒業式のために戻ってきていたので、パニ子は一緒にカフェでランチを楽しんだり、ゆっくりおしゃべりしたりして過ごしていました。そこで、エリから近くに新しくオープンしたスイーツ店に行ってみたいと言われ、2人で向かうことに。プリンが大好きなパニ子、このお店のカスタードプリンは行列に並ぶ価値があると思うほど、激推ししています。

 

お店を訪れたのが日曜日のおやつタイムということもあって、すでに長蛇の列ができていて、注文するまでにも時間がかかりそう……。最後尾に並び始めると、5分ほどでパニ子たちの後ろにもどんどん列が伸びて、人気ぶりがうかがえます。まだかなぁなんて思いながら、2人で列が進むのを待っていると……。

 

突然、目の前に1人のおばさんが登場。何も言わずパニ子たちの前に割り込んできました。さすがに我慢できず声をかけると「年長者に先に並ばせようと思わないの?」と、わけのわからない発言をしてきます……。並ぶのに年齢は関係ないとエリが言っても、「若いくせして私に文句言うなんて、100万年早いんじゃないかしら?」と、聞く耳を持ちません。

 

おまけに、このあとあり得ないことを言ってきたのです……。

 

渡された謎のメモ

しばらくすると、おばさんは「あ~あ、でもこうやってじっと立ったままってのも疲れるし、時間の無駄ってもんよねぇ~」と言って、ガサゴソとバッグの中を探り、メモ帳とペンを取りだしました。ん? なんか嫌な予感……。その予感は的中。おばさんは目の前でペンを片手に何か書いたと思ったら、そのメモを破って「あなた、これ買ってきて」と、パニ子に渡してきたのです。

 

「え、ええっ!?」

 

突然のことに理解が追い付かないパニ子とエリ。このおばさん、行列に割り込んだ上に時間がかかりそうだからと、行列を離れてパニ子たちをパシリにしようという魂胆。メモを見てみると、そこには「カスタードプリン」と書いてあります。パニ子たちの目的の品も同じだと知ると、「ちょうどいい♪」と言って近くの公園へ行ってしまいました……。パニ子たちは了承もしていないし、お代すらもらっていないというのに、なぜついでに買ってもらえると思うのか謎すぎます。

 

そんな中、列は順調に進み、やっとパニ子たちの順番が回ってきました。

 

 

やっと回ってきた順番

待ちに待った順番が回ってきて、まずはエリが注文します。

 

続いてパニ子の番ですが、例のおばさんが気になって様子を見てみると、ちょっと離れたところから見守っています。どうやら、順番が近付いてきたのを見計らって公園から戻ってきたようです。そんなおばさんの姿を見て見ぬふりしながら、パニ子もカスタードプリンを2つ注文。両手に1つずつプリンを持って、エリとともにお店を後にしました。

 

すると……?

 

あなたの分じゃないですよ?

「あら~あなた、ちゃんと私の分のプリンも買ってくれたじゃな~い」と、上機嫌なおばさんが近寄ってきました。

 

「はいww?何を言ってるんですか? 私は、あなたのためにプリンを買うなんてひと言も言っていませんよ」とパニ子が言うと、メモを受け取ったんだから私の分だとおばさんが主張してきました。あのメモは「受け取った」のではなく「無理やり渡されただけ」で、承諾した覚えがないことも続けて伝えても、おばさんはキレ気味に「2つ持っているうちの1つは自分のものだ」と言ってきます。

 

ここまで話が通じないとは……。怒りを通り越してあきれてきます。

 

「実は今、待ち合わせしてる人がいまして……、これはその人の分ですww」。そう教えてあげたのに、おばさんは「つべこべ言わずに、それよこしなさい!」と声を荒げて、プリンを取り上げようと近寄って来たのです。

 

そのとき、聞き覚えのある声が聞こえてきました。

 

「パニ子、お待たせ~」

 

エリも、その声の主にあいさつします。

 

「お久しぶりです、パニ母さん!」

 

そう、待ち合わせしていたのはパニ母でした。パニ母はエリとも仲良しで、エリが地元に帰って1人暮らしをするときも、物件を紹介してあげていました。今日は3人で会うことになっていて、せっかくだからおいしいカスタードプリンを一緒に食べようと思っていたのですが……。

 

 

ようやく見つけた!

パニ母が現れてから、おばさんの様子がなんだかおかしくなっているのに気付いたパニ子とエリ。さっきまでの勢いはどこかに消え、なんだかガクガク震えているように見えます。どうしたのかと思ったら、その理由はパニ母が知っているようでした。

 

「おや、アネカワさんじゃないかい?」

 

パニ母、このおばさんと知り合いでした。その関係とは……?

 

「お、お、お、お、大家さん…」

 

おばさんは、声を絞り出してつぶやいています。なんと、パニ母が経営するアパートの住人だったのです! こんな偶然があるなんて、世間て狭いですね。パニ母は何棟もアパートを経営していて、そのうちの1つにこのおばさんが入居しているのだそうです。

 

知り合いなら話が早いと、パニ子がこれまでにあった出来事をパニ母に伝えると、パニ母は自分の娘と友だちをパシろうとしたおばさんに怒り心頭。

 

「人としてやっていいことと悪いことがあるだろうがぁ!」と怒鳴ります。そして「まあ、何はともあれ、ようやく見つけたよ」とも。このおばさん、もう半年も家賃を滞納していて、昨日から夜逃げして行方をくらましていたのだそうです。

 

おばさんは言い訳をしながら泣き落としにかかってきたものの、そんなのものが通用するわけもなく……。パニ母は有無を言わさず、おばさんを知り合いのもとへ連行していきました。その後は、知り合いの友人が経営する金融業者から借金し、その返済のために住み込みで働いているようです。

 

パニ子とエリはというと、無事に公園で絶品のカスタードプリンを味わい、間もなく大学も卒業。今はそれぞれの道に進んでいますが、また例のプリンを食べに行こうと約束しているのだとか。

 

--------------

ルールを守らない傲慢さがきっかけで、自分の悪事が露呈するという、なんともマヌケな事件でした。行列に並んでいる間のドキドキ感や、やっと手に入れられたときの感動も醍醐味なのに、それを感じられなかったのは残念ですよね。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    ライターパニコレ

    スカッと系YouTubeチャンネル【パニコレ!(=PANIC COLLECTION)】で投稿されたエピソードを紹介!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    22 クリップ
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    エンタメの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶