記事サムネイル画像

帰宅するなり休息をとる残念な夫→ある日、娘のお風呂をお願いしてみたところ驚きの結果に… #セルフねんね 20

「0歳児が寝かしつけ0になった話」第20話。ゆのさんは娘のゆらちゃん、夫の3人家族。昼夜関係なく目を覚ますゆらちゃんのお世話で、ゆのさんは睡眠不足が続いて体力も精神も限界。号泣しながら夫につらさを訴えたその日の夜、夫はゆのさんの代わりにゆらちゃんの夜泣きに対応してくれますが、不満たらたら。そんな夫を見ていたゆのさんのモヤモヤは膨らむ一方です。

翌日、昨晩の夫の態度を思い出していたゆのさん。ゆらちゃんを寝かしつけながらモヤモヤの原因を探っていました。

 

ゆらちゃんが生まる前は家庭は2人にとってホッとひと息着く場所でしたが、ゆのさんにとってはバタバタする場所に。しかし、夫は相変わらず家庭を和みの場だと思っている様子。ゆのさんはこのズレが原因だと考えました。

 

一番の理解者だった夫が、言葉を尽くしても伝わらない宇宙人のような遠い存在に感じていたゆのさんですが……?

 

娘のお風呂を夫に頼んでみた結果

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20       

 

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

セルフねんね 20

 

 

 

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

 

セルフねんね 20

 

ゆのさんが夫を宇宙人のように感じている一方で、同じように夫も自分を宇宙人のように感じているんだろうな、と考えたゆのさん。家庭が今も和みの場であるという認識、当事者としての姿勢、育児の経験値のすべてがない夫。夫婦2人暮らしのときと違う対応を求められても、その場しのぎでしか行動できないのは無理もないと思うのでした。

 

ゆのさんは夫に当事者意識を持ってもらうため、まずは平日帰宅した夫にゆらちゃんの入浴をお願いします。すると夫はにこにこして引き受け、「ゆらさんとのお風呂幸せだった~」「平日関わる時間ないな~って思っていたからうれしかったよ」と喜んでいる様子。

 

仕事への影響を懸念して、夫に平日育児をお願いするのを遠慮していたゆのさんでしたが、これを機にもっと育児に参加してもらおうと思えたのでした。

 

 

不安になりながらもゆらちゃんのお風呂をお願いしたゆのさんでしたが、意外にも旦那さんは積極的。お風呂上りの体を拭いたり保湿をしたりするのはゆのさんにお任せではありましたが、これからは帰りが早い日は毎回旦那さんがお風呂に入れてくれるとのこと。帰宅後にリラックスしていた旦那さんから、大きく1歩前進ですね。

 

監修/助産師 松田玲子

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターゆの

    毎日目玉ぐるぐるなおかーさん、ゆのと申します。おてんば愛娘ゆらさん(2020年生まれ)と、やさしき巨人との3人家族です。「自分だけじゃないんだ」と思ったり、ふふふっと笑ったり……。大変な日々のひとときに、ホッと一息ついて読んでもらえたらうれしいです!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶