記事サムネイル画像

「だっ…だよね…」わが子を見て胸がギュッとなってしまった新しい寝かしつけ方法とは… #セルフねんね 21

「0歳児が寝かしつけ0になった話」第21話。ゆのさんは娘のゆらちゃん、夫の3人家族。昼夜関係なく目を覚ますゆらちゃんのお世話で限界なゆのさんに対し、夫はいまいち育児に当事者意識を持てない様子。いくら伝えてもわかってもらえず、ゆのさんは夫を宇宙人のような遠い存在に感じてしまいます。

夫との認識の差を埋めるべく、夫の育児機会を増やそうと息巻くゆのさん。拒否されないか心配しながらも、まずは平日帰宅した夫にゆらちゃんのお風呂をお願いします。すると夫は、ゆらちゃんとのお風呂を快諾し、お風呂から出たあとも「幸せだった」と喜んでいる様子。

 

ゆのさんは和室を寝室にして、新たな寝かしけ方法を試みることに――。その結果はというと……!?

 

協力お願いします

セルフねんね 21

 

セルフねんね 21

セルフねんね 21

 

セルフねんね 21

セルフねんね 21

 

セルフねんね 21       

 

 

セルフねんね 21

 

セルフねんね 21

セルフねんね 21

 

 

 

セルフねんね 21

 

セルフねんね 21

 

「夫の育児機会をもっと増やそう!」と決意したゆのさんは、夜中のおむつ替えや休日の寝かしつけ、お風呂など、いろいろと夫にお願いすることに。その一方で、ゆのさんは和室の寝室化を進めます。

 

そして、ついに初めてゆらちゃんが和室を寝室にする日。夜を迎え、ゆのさんとゆらちゃんは和室に向かいます。絵本の読み聞かせを終え、ゆのさんが体を起こした瞬間、ゆらちゃんは火が付いたように泣き始めてしまいます。その泣き声に、ゆのさんは心臓がぎゅっとなってしまうのでした。

 

◇ ◇ ◇

 

ある小児科医曰く、睡眠は体内時計を調節する役割をもつメラトニンというホルモンの影響を受けているそうです。そしてメラトニンは光で分泌が抑えられて暗くなると増えて、睡眠を促す働きをするとのこと。そこで、良い睡眠をとるためには、夜間は暖色系の明るさにして、入眠の前から暗くする、さらに豆電球のような小さな光も消すと良いのだそう。また、朝は決まった時間にカーテンを開けて光を浴びさせることで、赤ちゃんの朝昼の区別がついて生活リズムが整っていくのだとか。

 

ゆらちゃんの安眠のため、遮光を中心に和室の寝室づくりを進めたゆのさん。遮光テープや遮光カーテン、黒色のフェルトなどで徹底的に光を遮っていましたね。今回は泣いてしまったゆらちゃんですが、少しずつ良い方向に進むと良いですね。

 

監修/助産師 松田玲子

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターゆの

    毎日目玉ぐるぐるなおかーさん、ゆのと申します。おてんば愛娘ゆらさん(2020年生まれ)と、やさしき巨人との3人家族です。「自分だけじゃないんだ」と思ったり、ふふふっと笑ったり……。大変な日々のひとときに、ホッと一息ついて読んでもらえたらうれしいです!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶