暮らし 工夫 住まい 体験談 安全対策

コレだけは押さえておきたい! 赤ちゃんのスペースづくりのポイント3つ

新生児のイメージ

 

赤ちゃんを迎えるにあたり、赤ちゃんが過ごすスペースはどうしようかと悩みました。観葉植物やおしゃれなガラステーブルなど、赤ちゃんが過ごすことを考えると不向きなものもあったからです。今回は、赤ちゃんのスペースづくりで「コレだけは押さえておこう」と私が感じた3つのポイントをご紹介します。

 

続きを読む

何よりも気を付けたいのは「安全性」

赤ちゃんのスペースづくりで、一番重視したいと感じたポイントは、やはり「安全性」です。赤ちゃんがメインで過ごすわが家のリビングには、もともとは観葉植物や角のあるガラステーブルなどを置いていました。

 

今までは見た目重視でレイアウトしてきたリビング。赤ちゃんが過ごすことを考えると危険がいっぱいであることに気付きました。まずおこなったのは危険だと感じる家具や小物類をなくしたことです。可能な限りスペースを確保しました。

 

収納の工夫が「お世話のしやすさ」に!

おむつや着替えなど、赤ちゃんのお世話で必要なグッズは思っていた以上にたくさんありました。すぐ手が届くところに常備しておきたいですよね。わが家では100均で購入したカゴに育児グッズを収納していましたが、これだと生活感丸出し……。お客さんが来るたび、クローゼットに片付けるのも面倒でした。

 

そこで中身が見えないフタ付きの収納ボックスやチェストに収納することに。フタを開ければすぐに取り出せるうえに、見た目がスッキリして満足しています。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

人気記事ランキング

赤ちゃんが笑顔になるニュースを毎日更新

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。