記事サムネイル画像

男なんかに産んでごめんね…出産した子は男だった。男嫌いな母親の決意とは? #娘がほしいママ 2

「女の子になぁれ」第2話。ゆきえは男性が大きらい。しかしやさしい性格のようへいと結婚し、子どもを授かりました。ゆきえは「おなかの赤ちゃんは絶対に女の子」と、期待を膨らませて産婦人科に向かうのですが、男の子だと言われてしまいます。

6カ月健診にて、性別が男の子だと知ります。

信じたくないゆきえは、ようへいには内緒にすることに……。

 

いざ、出産のとき…!

女の子になぁれ1

 

女の子になぁれ2

 

女の子になぁれ3

 

 

 

女の子になぁれ4

 

女の子になぁれ5

 

女の子になぁれ6

 

 

 

女の子になぁれ7

 

女の子になぁれ8

 

女の子になぁれ9

 

 

 

女の子になぁれ10

 

女の子になぁれ11

 

女の子になぁれ12

 

 

 

女の子になぁれ13

 

女の子になぁれ15

 

 

 

女の子になぁれ16

 

ようへいに嘘をついて「健診では女の子って言われた」と話すゆきえ。

赤ちゃんの名前は、男の子でも女の子でも使える名前を考えることにしました。

 

そして「誰になんと言われようと、この子は女の子」と心の中で願うゆきえ。

ベビーベッドの布団もピンク色を準備します。

 

そして出産のときがやってきました。

生まれたわが子は、男の子。

 

ようへいが感動して涙を流す中、ゆきえも一緒に涙します。

しかし、ゆきえの涙は「女の子を生めなかった後悔」の涙でした……。

その日からゆきえは息子へ「女の子になぁれ」と唱えるようになるのでした。

 

無事に生まれてきた赤ちゃん。

それだけで十分素敵なことなのに、ゆきえは性別に納得していません。

 

ゆきえがここまで女の子に執着するには、深い理由がありそうですね。

いくら男性がきらいでもわが子なのですから、大切に育ててほしいものです。

>>次の話

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      不愉快でしかない。
      +32 -1
    • 通報
      男は嫌いとかいいながらしっかりセックスしてて草
      +52 -5
    • 通報
      子育てセンターで遭遇したママに似てる… 産まれて男の子確定して大泣きしたし、諦めきれなくて女の子の服着せちゃうのって。女の子の服着てたら心も変わらないかなーって。 めっちゃ笑顔で言ってて怖くて、思わず… もっと見る
      子育てセンターで遭遇したママに似てる…
      産まれて男の子確定して大泣きしたし、諦めきれなくて女の子の服着せちゃうのって。女の子の服着てたら心も変わらないかなーって。
      めっちゃ笑顔で言ってて怖くて、思わずセンターの先生にこっそり支援お願いしてしまった。
      +38 -5

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター神谷もち

    2019年3月、平成最後の男を出産したどすこいママ。息子は子鉄まっしぐら! 育児に奮闘しながら、在宅でイラストや漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    46 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →