【実家に潜む危険】コンセントと金属のおもちゃで恐怖体験!

2017/08/27 22:00
遠方にある実家で里帰り出産する際、家の中が子ども仕様になっておらず、とてもこわい思いをしたことがあります。自宅では安全対策がバッチリで、あまりいたずらもしない子で実家でも安心していました。しかし、私がトイレに行って目を離したすきに、長男はコンセントの隙間に金属のおもちゃを挟んでいました。とっさに引き離し、ブレーカーを落としたため無事でした。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
住まい
事故
体験談
祖父母
安全対策

 

自宅では子どもがケガをしないように安全対策をしていると思いますが、実家や義理実家で対策はしていますか?私は、遠方にある実家に里帰り出産で帰宅した際、家の中が子ども仕様になっておらず、とてもこわい思いをしたことがあります。今回は、実家での恐怖体験を紹介します。

 

自宅での安全対策

実家は遠方にあり、頻繁に帰れないため、2人目を里帰り出産するまでほとんど自宅で子育てしていました。そのため、自宅は安全対策がバッチリです。

 

子どもがハイハイできるようになったころから、床には荷物を置かない、机の角には安全クッション、コンセントにはカバー、階段にはゲートと、目を離しても危険がないよう、細心の注意を払っていました。

 

実家へ里帰り

出産のために1歳半の長男を連れて帰った時のこと、実家は安全対策をしていませんでした。自宅でいたずらもしない子だったので、大丈夫だろうと思っていました。

 

ある日私の両親は仕事、私はトイレへ。ちょっと目を離したすきに長男はコンセントのところで何かをしていました。

 

見に行くとコンセントに少しの隙間があり、金属のおもちゃを挟んでいたのです。「感電する!」と、あわてて子どもを引き離し、ブレーカーを落として大事には至りませんでした。


実家でも安全対策は必要

私があと少し遅く見に行っていたら、息子があと少し力強く金属を押し込んでいたら……と、最悪の状況を考えると、息子を抱きしめながら恐怖で震えてしまいました。それ以降、実家でも安全対策をしてもらうことに。

 

自分の実家だけれど、両親のものがほとんどなので勝手に移動もできなく、完璧な安全対策は難しいですが、角やコンセントにはカバー、ハサミなど危険なものは高い位置。これくらいなら無理なくでききました。

 

 

普段、夫が仕事中は、ひとりで子どもを見ているため注意を払いますが、実家では大人の目がたくさんあるので、安心しきっていたように思います。自宅以外の場所では、より想像を働かせて安全対策をしていきたいと思っています。(TEXT:ママライター武山あゆみ)

 


  • 2
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。