記事サムネイル画像

「亡くなったご両親が悲しむよ」妻を束縛するヤバイ夫、ズルイやり方で妻のコントロールしようとして… #歪んだ愛し方の夫 7

「愛してる~妻を傷つけたいモラハラ夫の歪んだ愛~」第7話。ヒカリさんは、結婚7年目で専業主婦。夫・晴彦と息子・リクとの3人で暮らしています。

昔から思っていることがうまく言えず、相手に気を遣わせてしまう自分の性格がきらいだったヒカリさん。晴彦のことは、そんな自分を受け入れ、誰よりも理解してくれている夫だと思っていました。

くじで当たってしまい、ヒカリさんはリクの幼稚園の卒業対策委員をすることに。晴彦に反対されつつも、条件付きで委員をやることを許可してもらったヒカリさんですが、委員会でうまく馴染めませんでした。

 

そして2回目の卒業対策委員会で、ヒカリさんは、自分なりにまとめた資料を他のママに渡します。

そのことがきっかけで、他のママたちに感謝され委員に馴染むことができました。

 

ヒカリさんは、委員会での出来事をうれしそうに晴彦に報告します。すると晴彦は不機嫌になり、

「そんなお世辞を真に受けてかわいいな。いいように利用されているだけ」

「そんなことしているから料理が手抜きになっている。作り直して」

と言って、ヒカリさんを否定しながら手料理をごみ箱に捨てたのでした。

 

ヒカリさんは晴彦の言う通り、ご飯を作り直すことに……。

夫婦なのにどうしてこんなこと…

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

 

 

歪んだ愛し方の夫7

 

歪んだ愛し方の夫7

ヒカリさんに「他のことを考えて作った料理は食べたくない」と言い放った晴彦は、さらにヒカリさんの亡くなったご両親を話に持ち出し、「仲の良い夫婦になるためにヒカリはもっと努力しないといけない」「亡くなったご両親が悲しむよ」と言います。

 

翌朝、「いつもと違うことをするときには報告して」と言って会社に向かう晴彦を送り出しながら、ヒカリさんは「ときどき晴彦さんが怖い」と感じていました。

 

しかし、「夫婦なのに」「私なんかと結婚してくれたのに」「今の幸せは晴彦が築いてくれたのに」と、怖いなんて思ってはいけないし誰にも言えないと、自分の気持ちにフタをするのでした……。

 


ヒカリさんを自分の思い通りにするために、他界した両親の話を持ち出すのはとても自分勝手でずるいやり方だと思った方も多いのではないでしょうか。ヒカリさんやヒカリさんのご両親の気持ちを考えると、心が痛みますよね。

 

自己肯定感が低いヒカリさんは、いつも自分のことを責めてしまっていますが、誰かに相談することができれば気持ちもスッキリするものではないでしょうか。そして夫の異常さに気付くことができるかもしれませんね。

 

>>次の話

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターネギマヨ

    子持ち専業主婦のマヨとシングルワーママのネギの二人組。 ママ友や不倫などヤバイ人の体験談を元に漫画にしています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    54 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック▶︎