記事サムネイル画像

「私は子どもを産むだけの存在?」不妊治療をやめたいと漏らす妻に、夫が放った非情な言葉とは?

昔から体が弱くて病弱な私は、おそらく子どもを産むのは難しいだろうと考えていました。夫にはお見合いの時点でそのことを伝え、子どもは作らないことをお互いに了承した上で結婚したのですが、結婚後、夫から「やっぱり子どもが欲しい」と言われて……。

「私は子どもを産むだけの存在?」不妊治療をやめたいと漏らす妻に、夫が放った非情な言葉とは?

 

子どもを作らない前提で結婚

幼少期から体が弱く病気がちだった私。望んだところで結婚も妊娠も叶わないだろうと諦めていました。そんな私を心配した近所の方がお見合いをすすめてくれて、出会ったのが夫です。

 

初めて2人きりで出かけたとき、隠すことなく正直に夫へ伝えました。「私は体が弱くて子どもを産めないと思うから、もしも子どもが欲しいって考えているのなら、別の女性と結婚してほしい」と。

 

告白を聞いた上で「子どもはいなくてもいい」と言ってくれた夫。その姿勢に「自分の体のことを理解してくれる人となら幸せになれるかもしれない」と思った私は、夫との結婚を決めたのです。

 

不妊治療をすすめてくる夫

ところが、結婚して1年もしないうちに、夫が「やっぱり自分の子どもが欲しい」と不妊治療の話をしてきました。

 

私は自分の健康不安を訴え、どうしても欲しいなら養子はどうかと提案しましたが、夫は「自分と血が繋がった子どもじゃないとダメだ」と賛成してくれず、押し切られるようにして不妊治療が始まりました。

 

不妊治療は想像以上につらいもので、3年続けた私の心身は限界に。夫に「もう不妊治療をやめたい」と漏らすと、夫から出た返答は「病気にでもなったらやめていい」というもの。真顔でそう告げたのです。

 

子どもさえ生まれたら私はどうなってもいいのかとショックを受けた私は、実家の母に相談し、夫とは別居することにしました。

 

 

その後、夫は私を実家まで迎えにきて「言い過ぎた」と謝罪。この先まだ子どもを欲しがるなら離婚も……と考えましたが、よく話し合った結果、不妊治療はやめて2人の生活を楽しもう、ということになりました。現在は新しい家族として保護猫をお迎えし、2人と猫1匹で楽しく暮らしています。

 

著者/山田葉子
イラスト/ののぱ

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →