口の中に唾液が溜まって気持ち悪い!私の「よだれつわり」対処法

 

いろいろなつわりの種類がありますが、「よだれつわり」というものがあることをご存知でしょうか。私は現在妊娠7カ月で2人目を妊娠中ですが、1人目のときから大変だったのがよだれつわりでした。1人目のときは、妊娠初期から出産直前まで続いた、よだれつわり。今回の妊娠でも、今なお続いている症状とその対策についてお伝えします。

 

続きを読む

「よだれつわり」って?

よだれつわりは、妊娠によって唾液量が大量に増えることだといわれています。口の中が唾液でいっぱいになり、唾液が飲み込めない状態になることも。私の場合、唾液を飲み込もうとすると嫌悪感や吐き気が襲ってきて、ふだんはできている「唾液を飲む」ということができなくなりました。

 

何もしなくても唾液がどんどん出てきますが、食べ物を食べるとそれはさらに増し、あふれ出てきた唾液を吐き出さないと気持ち悪い状態が続きました。ひどいときには1分に1回は「ペッ」と、唾液を吐いていないと口の中が唾液でいっぱいになりました。

 

 

自宅でのよだれつわり対処法

とにかく口の中に溜まっていく唾液。私の場合、飲み込めなかったため吐き出す必要がありました。自宅では、最初は洗面所で唾液を吐き出していましたが、それでは追いつかず、ティッシュに「ペッ」と吐いて捨てるように。ところが、ティッシュを大量消費してしまううえに、口のまわりがカサカサに荒れてしまいました。

 

そこで、紙コップに唾液を吐き、トイレの際などに紙コップの中身を捨てて新しい紙コップに替えることにしました。コストもそれほどかからず口のまわりも荒れないので、現在も自宅では紙コップに唾液を吐き出しています。他人に見られると不快な思いをさせてしまうかもしれないので、あくまで自宅でのおすすめ対処法です。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • よだれつわり本当に苦しいですよね。
    共感してくれる人があまりいないので思わずコメントしてしまいました。

    私も2人産んで両方とも産むまでよだれつわりがありました。

    私のイメージでは
    暑いサウナに入ってフラフラになりながら、ぬるくて苦くてマズイ液体をスポイトで口に永遠と注がれている感じです。

    出産まで毎日毎日吐き気との戦いでした。

    吐くものがなくて血を吐くこともありました。

    「つわりで入院する人もいるんだから、あなたはまだマシでしょ」
    と義母や主人に言われることもありました。

    弱っている私を見て、励ましの意味で言ってくれてるんだろうなということは頭では理解できても心が追いつかず・・・

    確かに入院する方は心身共に苦しい思いをされると思います。
    その苦しみは私には到底想像さえできないものです。

    けれど、つわりの苦しみは本人にしかわからないことで誰かと比べるものではないと思うのです。

    私の場合は自分の母親が同じくよだれつわりで苦しんだので「そうよね、毎日辛いよね」と共感してもらえることが、ただただ心の支えになりました。

    また、私は一度初期流産しているので、このつわりさえも尊いものだという思いもありました。

    しかし、そんな辛かったことも可愛い我が子に会えると吹っ飛んでしまうものです。

    今苦しんでいるママさん、本当に毎日おつかれさまです。

    きっとお腹の赤ちゃんは、頑張り屋さんで愛情深いあなたに優しく抱かれるのを楽しみに待っているはずですよ。

    その日までどうか無理なさらず心穏やかにお過ごしくださいね。

    2018/01/03 00:06
 
 

人気記事ランキング

ママネタに関するキーワード

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)